思春期の子育て相談~家族そろっての夕食時、一人だけ食卓につこうとしない~
ホーム > 思春期の子育て相談~家族そろっての夕食時、一人だけ食卓につこうとしない~

思春期の子育て相談~家族そろっての夕食時、一人だけ食卓につこうとしない~

2020年08月03日(月)1:54 PM

 

 

相談事例

 

 

小学生の頃は、何かを注意しても言い返すことはほとんどなく、「素直な子だなあ」と感心していました。ところが、中学生になってから口答えをするようになりました。例えば、「さあ、ご飯にしよう」と言った時、三女だけがテーブルにつかずパソコンを続けていることがあります。

 

 

「ご飯はみんなで食べるんでしょ!早くこっちに来て食べなさい!」と命令口調で言うと、「うるさいなあ」と言って、自分のやりたいことを続けます。その時つい私が「これも集団行動の一つでしょ?こういうことができないから部活でチームワークがうまくできないんじゃない?」と言ってしまったため、「あんたには関係ない」と言われてしまいました。

 

 

私が娘の気持ちを 理解したうえで言う時に反発することは少なく、一方的にたしなめたりする時に反抗的になるようです。親は、売り言葉に買い言葉ではなく、「どうしてこういう行動をとるのか」を考えてあげなくてはいけないと思います。

 

 

回答

 

 

部活の話を持ち出したのはちょっと失敗。穏やかに話し合いをしましょう。

 

家庭には家庭のルールがあります。兄弟もいるのですから、一緒に食べた方がいいのは確かです。でも、この日一回だけで、たまたま機嫌が悪い時だったということであれば、見逃してあげてもいいかもしれません。また、理由にもよります。例えば大人でも、ネットで調べものをしていて、食事の時間になってもどうしてもあと少しだけ続けたいということはあるでしょう。

 

 

私にもよくあります。そういう時は、「悪い!でも、あとちょっとだけ調べものをしたいんだ。先に食べてて」とお願いするのが普通でしょう。調べ物の中身によっては、その時続けてやってしまわなくてはいけない事ってあると思います。中学生くらいになれば、そんな宿題が出ることもあります。このお子さんも、もしかするとそういう状況だったのかもしれません。そんな時、子供がちゃんと事情を説明して親が納得すれば、それで解決するでしょう。

 

 

でも、中庭こどもの事情なんて意に介さず、無理やり食卓に引っ張っていく親もいます。そうなってくると、子供は「この親には事情を説明しても無駄だ」と思って何も言わなくなります。親への反抗心から、夕食のテーブルにつかなくなることもあります。また、正当な理由であっても、週に何回もそんなことがあると困ります。そんな時は、 一度ちゃんと話し合いをする必要があると思います。

 

 

頭ごなしに「 集団行動だから」と大人の理屈をぶつけるのではなく、「あなたが何かに熱中すると止まらなくなるのも分かるんだけど、お母さんは家族揃ってご飯が食べたいんだ。協力してくれないかな」と穏やかに話しましょう。今回、このお母さんは部活の話を持ち出してお子さんをカチンとさせてしまっています。これは失敗だったですね。お母さん自身が書いている通り、お子さんの気持ちを理解したうえで言うことが大事です。最後の3行は大正解です!

 



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援