自己承認~そのままの自分を認めてあげる~
ホーム > 自己承認~そのままの自分を認めてあげる~

自己承認~そのままの自分を認めてあげる~

2020年07月19日(日)6:48 AM

 

心理学には「自己承認」という言葉があります。これは、ありのまま、そのままの自分を認めてあげるという行為のことを言います。生きていくうえで、「自己承認」ができている人とそうでない人では、自分自身に対する評価に大きな差があります。

 

 

どちらのほうがいいかといえば、自己承認ができているほうがいいのです。自己承認ができている人は、何があっても、「自分はこのままの自分でいい」と思うことができます。

 

 

一方、そうでない人は、うれしいことがあれば、「今日の自分はいいぞ」と思うことができるのですが、そうでないときは、「どうせわたしはいつもついてないんだ」と自分の運の無さを嘆いたり、自分を責めたりしてしまうのです。

 

 

ひきこもりやニート・不登校生徒のなかにはこの自己承認ができていない人が目に付きます。自分は、自己承認ができていないという人は、毎日、鏡に向かって、「わたしは今のままで十分に魅力的である」「このままの私で、愛される価値がある」と声に出していうエクササイズをすると、自己承認ができるようになってきます。

 

 

それと同時に、うまくいっているときだけでなく、思い通りにものごとが運ばないときも、「大丈夫、大丈夫。このままの自分で乗り越えていける」とつぶやいてみてください。

 

 

「もっとがんばらないと自分は認めてもらえない」「このままでは誰からも愛されない」と、マイナスに考えているときと比べて、心にプラスのエネルギーが多くなってくるために、自信がわいてきます。

 

 

はじめは恥ずかしいかもしれません。しかし、続けるうちに自分を信頼する気持ちが強まってくるはずです。

 


メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援