子供には、批判よりも模範が必要
ホーム > 子供には、批判よりも模範が必要

子供には、批判よりも模範が必要

2020年05月08日(金)3:28 PM

私が子供のころ、「自由」という言葉が周囲にあふれていましたが、自由には責任が、権利には義務が伴うことが抜けていたように感じます。



そのように育った世代が親になり、その子供たちがまた親になっていく今、公共に対する意識の低さが目につきます。割り込み、ゴミの分別や不法投棄、給食費の未払い、生活保護の不正受給など・・・・・・・。



責任感や規範意識、社会は支え合って成り立っていること、他人を思いやる行動を子供に示せているでしょうか。自分や自分の家族が得をしたい、損をしたくない、そのためには嘘やごまかしもいとわない、世の中はごね得だ、自分くらいは自分さえよければと思っている人が多いように感じます。



子供たちはそんな親を尊敬するでしょうか?子供たちは傷つき、そして麻痺していきます。権利意識が強すぎないか、自省する必要もあります。



人は他人のためという時に、普段以上の力を発揮するものです。幼いうちから、自分のためではなく、世のため、人のためという意識を持てるよう接しましょう。



それが心に根付くと、自立し成長していく人に育つはずです。意識せずとも、考えの基盤になることで、思いやりを持った能力の高い人になっていくはずです。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援