高機能自閉症について
ホーム > 高機能自閉症について

高機能自閉症について

2020年04月20日(月)3:10 PM

「高機能」とは、知的には正常範囲という意味です。自閉症の60~75%には知的発達の遅れがみられますが、高機能自閉症は、知的発達の遅れがない自閉症のことです。




自閉症の定義は、アメリカ精神医学会の診断基準で述べられています。高機能自閉症野人は、主に、他人とのかかわりがうまくできません。




自分の意思を相手に伝えることができません。興味を持つものがたいへん限定されており、同じ動作を繰り返し行います。




これらの特徴が3歳までに見られ、ほかの障害や病気と鑑別されると、自閉症と診断されます。




「自閉症」という名前は、引きこもりなどのように、ひとりの世界に閉じこもっているという印象を与えますが、小さいときはむしろ、絶えず動き回っているのが特徴です。




自閉症の子どもは独特の感じ方をし、独特の方法で周囲とかかわろうとしますが、周囲の人からは理解されず、孤立しているようにみえます。それはコミュニケーションがうまく取れないからです。




癖のような奇妙な動作を繰り返す子も多くいます。こういった症状は、年齢とともに目立たなくなっていきますが、基本的に一生続きます。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援