親の幸福感と子育て
ホーム > 親の幸福感と子育て

親の幸福感と子育て

2020年04月20日(月)3:08 PM

人はさまざまな事情を抱えて生きています。一人で子どもを育てている人、大切な人をなくした人、病気で苦しんでいる人、子ども時代の苦い思い出に悩む人、年老いた親を介護しながら子どもを育てている人等。




あなたの事情は何でしょう。そして、人は思います。その事情を抱えている、だから子育てがうまくいかないと。




そして、わたしは言います。その事情は、だから子育てがうまくいかない、その理由ではないと。子育てがうまくいかないのは、事情があるからではなく、親が幸せでないからです。




本当の意味での幸せではないからです。世の中、事情のない人はいません。大なり小なり、何らかの事情を人は抱えているものです。




そして、事情のせいで不幸せな人と、事情はあっても幸せに生きている人がいます。子どもにとっての最高の贈り物は、幸せな親です。




さまざまな事情を抱えていても、その事情とうまくつきあいながら、自分の人生を幸せに導いている親です。




親が幸せであるとき、子どもは心置きなく、子どもらしさを生き、甘え、悪態をつき、さんざん反発をして、ある日突然、、親を残して去っていきます。




それは、自分が残してきたものに心配がないからです。親は自分がいなくても幸せに生きていくことを、子どもは知っているからです。




ところが、親が幸せでないと、子どもは自立できません。不幸せな親に育てられた子どもは、親が心配で、家から離れることができないのです。




親が不幸せな子どもは、親の不幸は自分のせいだと思って生きているといいます。子育ての第一歩は、そして子どもに与えることのできる最高の贈り物は、自立した親であることです。




世の中に子育てほど尊い仕事はありません。それはわたしたちの未来をつくることであり、未来の幸せを可能にする仕事だからです。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援