子育てについて~なぜ叱られているかがわかる叱り方をする~
ホーム > 子育てについて~なぜ叱られているかがわかる叱り方をする~

子育てについて~なぜ叱られているかがわかる叱り方をする~

2020年03月13日(金)2:48 PM




叱るという行為は、子供によくなってもらいたいから行うのであって、親の感情をぶつけるのが目的ではありません。必要な時に叱るのは大事なことです。ただ、どういう時に叱られるのかを子供がわかっている必要があります。



私は「わがまま」や「意地悪」「嘘」など、それが心を悪くするという時には叱り、それ以外のことでは叱らないという方針を持っていました。イライラして感情的に言ってしまうこともありましたが、それに気づいたときには、後で子供に謝るようにしていました。



親がうるさいからと、言われてから行動するのではなく、自主的に物事を進められる子になってほしいですよね。それも親の叱り方しだいなのです。



例えば近くに人がいるのに、子供が棒を振り回しているとします。「人にけがをさせないか心配したよ」と、具体的に理由を伝えてみませんか?



感情的な叱り方は、親のイライラの発散や権威の乱用でしかありません。親の顔色が基準となって、子供から判断力を失ってしまい、叱る効果はほとんどないと思っていいでしょう。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援