親子関係~家出を繰り返す娘に悩む親~
ホーム > 親子関係~家出を繰り返す娘に悩む親~

親子関係~家出を繰り返す娘に悩む親~

2020年03月05日(木)10:34 AM




「43歳・母親から」





18歳になる娘のことで相談したいと思います。





私立の女子高に合格するまでは、平穏無事に育っていたのですが、夏休みに家出をしました。





警察に捜索願いを出し、主人と私は右往左往して眠れない日々を過ごしていましたが、1週間後に無事に保護されました。





その後も何回か家出を繰り返しました。ネットで知り合った見ず知らずの男性の家に泊っているということでした。





その時は、何とか家に連れ戻しました。主人は初めて娘を殴りました。いったいなにが不満なのか私には思い当ることは全くありません。





夏休みは従兄弟に来てもらって、ドライブに連れて行ってもらったり、家族で遊園地に行ったりもしました。





私もカウンセラーの方にお話しを伺ったり、教育関係の本を読んだり、霊能者の方に除霊していただいたりして、できる限りのことはしているつもりです。





現在娘は、夜中に出歩くようになっています。暴走族のような車が迎えに来て出かけて行き、朝方帰ってきます。





帰って来ない日もありますが、カウンセラーの方は好きなようにさせなさいというので、引き留めたいところを我慢しています。





でも、本当にこういうやり方でよいのでしょうか。心配で心配でたまりません。





「私から」





子供が反発するのは、いくつかの理由が考えられます。その一つは「押しつけ」です。





子供は、自分がそれを望んでいないにもかかわらず、親から押しつけられている、しかも、親は押しつけていることさえ気が付いていない場合などです。





その反発が外に向くか、内に向くかは子供のエネルギーによると思います。





「押しつけの反対」ということもあります。「望みをかなえてもらえない不満」がそうです。





何かしてほしいと望んでいたのに、それをしてもらえないと年齢に関係なく依存を繰り返します。





ある若者は幼児化し、ある子は愛情を取引きという形に表して物を買えと迫ります。





家出は娘さんなりの抵抗のメッセージであり、絶対的受容をしてくれる「帰る家」を探しに出たのではないでしょうか。





家出を繰り返すことで、娘さんは何を親御さんに望んだのでしょうか。





好きで自分の心に傷をつける子供はいません。





自らを犠牲にしてまで、家族に何かを気づいてほしいのだと受け止めたいものです。





私は素朴に「なぜ、娘さんを引きとめたいのですか」とお聞きしたいのです。子供が心配というでしょう。





その「何が心配なのか」が大切なのです。命なのか、体への傷なのか。





私は体を張って家出した娘さんに応えるには、親も体を張って家族のスケープゴートになってくれた娘さんを守ることだと思います。





今、何を親がするのか、それがすべて大人になる娘さんのお手本になると私は思います。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援