幼児教育について~子供への柔軟な対応がわかれば、「反抗期」という期間はない~
ホーム > 幼児教育について~子供への柔軟な対応がわかれば、「反抗期」という期間はない~

幼児教育について~子供への柔軟な対応がわかれば、「反抗期」という期間はない~

2020年03月04日(水)10:00 AM





幼児期に子供が「イヤ」を連発する時期があります。第一反抗期などと言われますが、私は「反抗期」という時期はないと考えています。子供に自我が芽生えた証ですから、親としては喜んでいいことだと思います。



親は、それまで素直に「ハイ」と従っていた子供の急変に戸惑ってしまいます。そうした時に、我が家の子供たちへやった方法をここでご紹介しましょう。私はこれを一つのゲームだと考えていました。例えば、お風呂に入るときです。



「お風呂に入りなさい」「イヤ!」



「そう、嫌なんだ。じゃあ、お風呂に入らなくていいね」「いや、入る!」(お風呂場へ)



「洋服も自分で脱がないでね」「いや、自分で脱ぐ」(自分で脱ぎはじめる)



「すぐに脱がないでね」「いや、すぐに脱ぐ」(さっさと脱いでお風呂場へ)・・・・・・・・・こんな感じで、どちらもニコニコです。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援