子育てについて~個人の力は、集団に生きてこそ養われる~
ホーム > 子育てについて~個人の力は、集団に生きてこそ養われる~

子育てについて~個人の力は、集団に生きてこそ養われる~

2020年03月04日(水)9:56 AM







社会生活は一人ではできません。二人以上で社会が成立し、そこにルールが発生します。社会生活は、お互いの足りないところを補い合って成り立っています。



その学びの始まりは家庭です。そして、保育園や幼稚園、学校生活などで、さらに学びを広げていきます。「助けてもらおう」ではなく、お互いに努力し、助け合います。そんな心を、かつての子供たちは遊びの中で学ぶことができました。



友達を大切にする知恵も育っていきました。足の速い人、ボール投げがうまい人、知恵がある人、みんなそれぞれ長所短所を認めて遊んだものです。



残念ながら、現代は、そういった遊びの環境が減っています。スポーツなど、一つの目標に向かって、集団で力を合わせるものを一つはやってほしいと思います。一人ひとりの力は弱くても、力を結集することで大きな力を発揮できるということを学べるでしょう。



仲間を信じ、助け合い、友を得て、絆を深めることができます。「個人主義」は自分勝手という意味ではなく、個性を生かし、周囲を認め助け合い、ともに生きていくことだと思います。



そして、その力は、まずは家庭から学び始めるものなのです。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援