食事は家族の基本です。楽しく食べられる時間を親が演出しましょう
ホーム > 食事は家族の基本です。楽しく食べられる時間を親が演出しましょう

食事は家族の基本です。楽しく食べられる時間を親が演出しましょう

2020年02月29日(土)12:09 AM






お子さんに好き嫌いがあると、何とか食べさせたい、どうしたものかとお悩みの方も多いでしょう。しかし「食べなさい!」「なんで食べないの!」「好き嫌いはだめ!」と叱るばかりでは逆効果です。



まずは、お子さんが食べたくなるような工夫をすることから始めてみましょう。例えば、調理方法を変えてみる、わからないぐらいに混ぜたり、出す量を工夫したりしてみましょう。



子供の食べ物への先入観を変えるのも効果的です。「これはおいしい○○だよ」。それがとてもおいしいものだと親が食べて見せるのです。食べるように叱ってばかりでは、「叱られる」という嫌な体験と、その食べ物が結びついてしまい、ますます嫌いになってしまうだけです。



わが家では、子供が食べないときにはおやつも出しませんし、おなかがすいても代わりのものは出しません。そして、次の食事のときにまた同じものを出します。



食事は子供の健康を考え、親が決めるものです。楽しく食事できるように工夫しましょう。工夫の余地はまだまだあるはずです。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援