アスペルガー症候群の子ども~自分に適した職業をいかに選ぶか~
ホーム > アスペルガー症候群の子ども~自分に適した職業をいかに選ぶか~

アスペルガー症候群の子ども~自分に適した職業をいかに選ぶか~

2020年02月27日(木)12:52 PM







高校、大学を卒業するころには、誰でも将来の自立に向けて考え始めることでしょう。アスペルガー症候群の子どもたちの将来は、いろいろな可能性に満ちています。





その人の適性にどれだけ合った職業を選択するかが、大きなポイントになります。興味を持つ対象は決まっても、その領域でどのような職種を選ぶかは、真剣に考えなければなりません。





対人関係が苦手なために、人と関わることに不安を感じてしまうような人の場合は、研究者や技師、工場の職人など、接客の必要がない職業が向いているといえるでしょう。





しかし、まったく人と接しなくてもいい職場はないので、最低限のコミュニケーションスキルは学んでおく必要があります。





ノウハウがはっきりしていればいい、手順さえ示されていればきちんとやれるという人ならば、しっかりとマニュアル化されている職場が向いているでしょう。





接客マニュアルがきちんとできている職場では、アスペルガー症候群の人でも受付や営業の仕事ができたりします。





いずれにしても、仕事そのものより休憩時に同僚との話題に困るとか、仕事が終わってから飲みに行くなどのつきあいの部分で苦痛を感じている人が多いようです。





いつも決まった日常的な業務ならいいけれども、突発的な出来事が起きたときに頭が真っ白になったり、パニックになってしまう人もいます。




メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援