親の転勤に伴う転居・転校による不登校
ホーム > 親の転勤に伴う転居・転校による不登校

親の転勤に伴う転居・転校による不登校

2020年02月27日(木)12:40 PM





親の転職や転勤などによる転居や転校は、子供には選択の余地がありません。ほとんどの場合、嫌でも従うしかありません。しかし、「他人になじみにくい」タイプの子供は、新しい環境になじむためにかなりの緊張が強いられます。



「転校した日から三日間だけ登校して、あとは全く登校していません」という子供は結構います。本人が言うように、「みんなが自分のことを見ているような気がして緊張した」「前の学校と雰囲気が違い、誰とも話せなかった」等々、子供の苦労は理解できます。



転校がきっかけで不登校になる子供は、しばしば周辺に友達ができないうちにひきこもり、周囲に対して罪悪感を感じ、外出しにくくなります。



そして、「父親が転勤なんかしなければ、こんなことにはならなかった」とか、「何とかして前の学校へ戻してくれ」等といった不平、不満、暴言、愚痴などが出てきます。



特に、毎日一緒にいる母親への依存と攻撃が強くなるのが特徴です。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援