不登校の子供は怠けているのか
ホーム > 不登校の子供は怠けているのか

不登校の子供は怠けているのか

2020年02月24日(月)12:44 AM






不登校の子供の姿を見て、親や教師たちの多くは「怠けではないか?」「ずる休みではないか?」と思い、子供に対してそのような視線を向けてしまいます。



そのような視線で子供を見てしまえば、思い当たるような生活が、子供の日常の中にありますから、「やっぱり怠けに違いない」と確信して、子供の言い訳にも批判的になってしまいがちです。



このような先入観があったのでは、子供の気持ちを正確には理解できません。怠けの子供は学校を休むことで(楽をすることで)必要以上の心身の活動力を蓄えます。



しかし、不登校の子供は学校を休んでいても、かえって心身の活動力を消耗している可能性があるのです。この違いに注目してください。



テレビや漫画ばかり見ていたり、テレビゲームばかりしていても、心のエネルギーは消耗しているのです。そのような状態を理解したうえで、子供の言い分に耳を傾けていかないと、子供の心に耳を傾けることにはなりません。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援