子供が学校に行けない理由
ホーム > 子供が学校に行けない理由

子供が学校に行けない理由

2020年02月24日(月)12:32 AM





お子さんが学校に行けない理由を、親はどのように考えているのでしょうか。


学校に問題がある。先生が悪い。友達のせい。いつもの理由が複雑に絡み合っていると考えている人もいるでしょう。しかし、どれも正しい答えではありません。


実は、お子さんが学校に行けない理由は、たった一つなのです。「そんなはずはないでしょう。子供一人ひとり違うはずよ!」「うちの子の不登校の原因は、何だかわからないのよ!」もしかしたら、そう思われるかもしれません。


しかし、子供が学校へ行けない理由は一つしかなく、その理由と解決法を誰も知らないために、全国の何十万人もの子供たちが学校に行けずにいるのです。


たった一つの理由。それは、「恐怖」です。あまりにも単純な答えで、びっくりされたかもしれません。しかし、最新の心理学や生物学においても、これはまぎれもない事実なのです。


人間に限らず生物は、「苦痛」を避け、「快楽」を求めるように遺伝子によってプログラムされています。特に私たち人間は、過去に受けた苦痛を「恐怖」として記憶し、再び同じ苦痛を受けないように回避しようとします。


つまり、学校に行けない子供たちは、学校に行くことによって受けるかもしれない苦痛を避ける(恐れる)ために、学校へ行けない(行かない)のです。


考えようによっては、人間として正常な行動といえるのかもしれません。学校で受けるかもしれない苦痛や恐れには、いろいろなものがあります。


○肉体的暴力


○精神的暴力(言葉、無視、差別、仲間はずれなども含む)


○人間関係に対する不安


○親の愛に対する不安(自分は愛されていないのではないかという不安)


これらに対する恐れから、子供は学校に行けなくなってしまうのです。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援