精神的なひきこもり
ホーム > 精神的なひきこもり

精神的なひきこもり

2020年02月21日(金)2:01 AM






不登校の子供たちの多くは、人間関係を避けたいという気持ちが強く、家族以外の人(時には家族に対しても)に対しては心の内面を知られないように生活しています。



このことは、外部の人を軽蔑したり、見下したり、小ばかにしているわけではなく、自分自身の心の弱点が見破られないようにする努力なのです。



自分自身の心の内部が見破られると、「とても恥ずかしいことになる」予感がしているからです。したがって、最初に引き起こす現象は精神的なひきこもりです。



やがて、徐々に自室に閉じこもって一切人と会わなくなる、家族とすら顔を合わせないなどといった本格的なひきこもり、つまり、社会的なひきこもりへと変化していきます。



社会的なひきこもりへの進行は、家族や教師たちによっても無意識に弾みをつけられている可能性があります。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援