不登校の悪循環
ホーム > 不登校の悪循環

不登校の悪循環

2020年02月17日(月)10:45 AM






子供の不登校に伴って、様々な現象が現れます。そのすべてが日常生活を「普通に」送っている親や教師たちの目から見ると「だらしのない生活」だったり「怠けている生活」だったり「逃げてばかりいる生活」だったりします。



そこで、何とか「普通の」生活をさせようとして、毎朝、強引に起こしたり、無理やり学校へ行かせようとしたり、訪ねてきたクラスメートに強引に引き合わせようとしたりします。そうすると、子供の強い反発にあいます。



親は躍起になって、ネット漬けマンガ漬けテレビ漬けの生活やゲームに熱中している様子を批判しますが、改善されることはめったにありません。



かえって、批判されたり強制されたりしたことによって悪循環が繰り返され、親や教師が気にしている「問題行動」が改善されることにはつながりません。



そのようなことは、本人が自分で改善できるなら、とっくにしているはずなのです。それができないから苦悩しているのです。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援