ひきこもり・二ートの職業適性
ホーム > ひきこもり・二ートの職業適性

ひきこもり・二ートの職業適性

2020年01月07日(火)5:45 PM





職業適性を調べる





どのような仕事に適性があるのかについて調べるためには、代表例として、ホランドの六つのタイプ分類を使用して適性を診断する方法があります。





この方法は、六つのタイプに分け、その人に向いた仕事とその方向性を考えるやり方です。





現実的タイプ、研究的タイプ、芸術的タイプ、社会的タイプ、企業的タイプ、慣習的タイプの六つに分かれます。





この基本的分類は何を対象として扱う仕事かによって分類されています。





扱うものの四つの大きな分類は、「もの、人間、データ、アイデア」です。





これらの分類を基本として、「どのような仕事だったら興味・関心があるのか、好きなのか、少しでもやってみたいと感じるか」などを支援者と一緒に話し合ってみます。





また、反対に消去法も有効です。すなわち、興味や関心が全くないのは何か、絶対やりたくないのは何かなどによって分類することも可能です。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援