子供たちの声
ホーム > 子供たちの声

子供たちの声

2019年09月07日(土)2:20 PM

 

 

 

 

 

○ 家にいると親は根掘り葉掘り聞いてくるのでうっとうしいです。それでこっちが黙ってしまうと、お母さんも黙ってしまいます。すると、何も聞かれないのも何となく寂しい感じがします。なんか変な感じです。

 

 

 

 

 

○ 親もいろいろたいへんだと思います。だって、初めて「親」をやるんだから。練習なしだからたいへんだと思います。

 

 

 

 

 

○ 小学校のとき、友だちのいじめで悩んでいたとき、お母さんが一緒に悩んでくれました。そのとき、幸せだなって感じました。

 

 

 

 

 

○ 友だちから僕は、「おまえはプライドが高い」と言われています。幼稚園から何回も転校して、プライドを高くしないといじめられるから自然とそうなりました。親友もいたけれど、裏切られました。もう友だちはいません。嫌いなやつばっかりです。転校ばかりで、僕は人付き合いが下手になりました。

 

 

 

 

 

○ 母親はうっとうしいです。こっちから話しかけないのに向こうからどんどん話しかけてきます。わたしがいやな顔をしたら気を使ってあんまり話しかけてこなくなりました。でも、少しくらいなら話しかけてもらったほうがいいのですが・・・・。けんかしない程度に話しかけてほしいです。

 

 

 

 

 

○ 親や先生は、将来おまえのやりたい職業は何か、どんな目標を持っているか、そんなことばかり聞いてきます。まだ、具体的に何がやりたいなんてわかりません。でも、わからないと言うとそれが罪のように言います。限定した目標や職業なんか持って、将来に進んでいくのはそんなに偉いことなのかと思います。

 

 

 

 

 

○ わたしは人付き合いが苦手です。人と話しているとすごく疲れてしまうのです。だからわたしは自分の部屋が一番居心地がいいのです。でも最近、母親が勉強のことをうるさく言うようになり、わたしの部屋を偵察に来ます。だんだんわたしの居場所がなくなってきているように感じています。

 

 

 

 

 

○ 僕は本音を人に話したことはありません。むろん、両親にもありません。いつも一人で悩み、一人で結論を出してきました。他人に聞いても完璧な答えを求めていないのに、何も言ってくれません。だから本音を話さないのではなく、言えないのです。

 

 

 

 

 

○ わたしは周りから「常識がない」とよく言われます。でも、常識って何ですか。本を読んでもわかりません。これが常識だというものがあったら見せてください。その通りにしますから・・・。

 

 

 

 

 

○ うわべだけの付き合いは、自分を上手に表現できないからです。薄いお付き合い。空気みたいです。みんな別々です。

 

 

 

 

 

○ 世間で言う「悪い友だち」が俺にはいます。そいつの部屋に行っても、別に話しをするわけじゃない。黙っている時間のほうが長いかもしれない。でも、何も話さなくても何をやりたいのかがわかる。俺には大切な友だちだ。

 

 

 

 

 

○ 母は、わたしがクラスで2番の成績を取ってきたとき、なんで1番になれないのと叱りました。もう信じられません。愚痴をこぼせば叱られるのがわかっているから、今では友人宅がわたしのオアシスです。友人宅があったから不良にならずにすみました。今でも母親は、わたしのそういう気持ちを知ろうともしません。

 

 

 

 

 

○ テストの点が悪かったり、何かで失敗すると家の人はみんなでわたしのことを「おまえのやり方が悪い」と言います。正直、腹が立ちます。がんばっても認めてもらえません。自分で自分を褒めるしかないなと思います。

 

 

 

 

 

○ 大人は子どもの教育が下手だと思います。でも、話だけは聞いてくれます。解決はできないし、満足な回答は得られないほど教育の下手くそな親だけど、聞いて、一緒に悩んでくれるのでそのときはすっきりした気分になれます。馬鹿な親で自分のことしか考えていないけど、僕も大人になったらああいう大人になっちゃうんだろうなあと思います。

 

 

 

 

 

○ 世の中にはいろんな人がいます。だから、人生は疲れます。

 

 

 

 

 

○ 家は寝て、食事をするだけの場所です。努力しても報われません。できる人はできます。ダメな人はダメです。言葉では何でもきれいに言えます。でも、できないと救われません。家族との会話もありません。言葉が出てこないのです。

 

 

 

 

 

○ お母さんはいいけれど、お父さんはうざったいです。お帰りなさいってお父さんが帰ってきても声をかけないことが多いです。でも、かわいそうだと最近思うようになりました。一生懸命に働いて帰ってきているのに、娘からシカトされちゃ。お父さんの肩の力が少し抜けるように努力しようかと思っています。

 

 

 

 

 

○ 父親が入院して、家に帰ってきません。いつもはうるさいことばかり言う父親ですが、いないとなんだか寂しいです。母親も看病でいないことが多いです。誰もいない家に帰ることがこんなに寂しいものだとは、今まで知りませんでした。

 

 

 

 

 

○ 母親が嫌いです。あまりしゃべりません。でも学校で嫌なことがあったとき、家に帰ったら母親が、「お帰りなさい」と言ってくれました。わたしは朝、出かけるときにぶすっとして出かけ、悪印象を残したのに、母親から「お帰りなさい」と言われて、学校での嫌な気持ちが消えました。母親が嫌いなのに不思議です。

 

 

 

 

 

○ 今までは、自分のことばかり考えてきました。もうそろそろわたしも家庭内のことを考える時期になったのかなあと最近思います。これが大人っていうものなのでしょうか?

 

 

 

 

 

○ 母親にきつく言ったことがあります。「あっち行っててよ」「もう来ないで」と。そしたら母はすごく悲しそうな顔をしました。その悲しそうな顔を見て、もう二度と言うまいと思いました。母を悲しませたくないから。

 



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援