人生上のトラブルは、「何かを悟れ」という天からのありがたいメッセージ
ホーム > 人生上のトラブルは、「何かを悟れ」という天からのありがたいメッセージ

人生上のトラブルは、「何かを悟れ」という天からのありがたいメッセージ

2019年09月03日(火)10:28 PM

 

 

 

 

 

人生というのは、トラブルだらけの人生と表現しても過言でないほど、いやなことが次から次へと発生します。

 

 

 

 

 

いじめにあったとか、嫉妬されたとか、近所付き合いのトラブル、親せきづきあいのトラブル、そして病気やけがなどいろんなトラブルに見舞われます。

 

 

 

 

 

しかし、これらのトラブルは決して不幸な出来事ではありません。悲劇でもありません。

 

 

 

 

 

現実を直視し、かつ、自分の本当の気持ちを直視し続けると、必ず何か一つつかめるものがあります。つかんだことを未来で活かせたら幸福になれます。

 

 

 

 

 

不幸な出来事の不幸度がマイナス10であっても、そこで学んだことを活かせたら、未来で得られる幸福度は、プラス100以上となります。

 

 

 

 

 

その時、「あの出来事は、もっと幸せに生きろという天からのメッセージだったんだなあ」としみじみ思います。自分を不愉快にした人に感謝すらしたくなります。

 

 

 

 

 

一方、いやな出来事が発生した時、何もつかめなかった人は、「人生ろくなことはない」と不平不満を言う人です。

 

 

 

 

 

確かにこういう人にとってのトラブルは、その人を不幸にするだけで何一ついいことはもたらしません。ただいたずらに不幸な出来事を忌み嫌うだけとなります。

 

 

 

 

 

トラブルの度にそれを未来に活かせた人は、トラブルは知恵と勇気を獲得するための重要な人生修業であることを悟ります。

 

 

 

 

 

試行錯誤してトラブルを解決することで、知恵や勇気が獲得できるからです。

 

 

 

 

 

知恵と勇気がある人は、自分の中にいるもう一人の自分を発見できたり、人の心の裏が見えてきたり、人間というものの本質が見えてきたりします。

 

 

 

 



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援