引きこもりに関する相談~薬の使用について~
ホーム > 引きこもりに関する相談~薬の使用について~

引きこもりに関する相談~薬の使用について~

2019年07月25日(木)11:11 AM

Q 子どもが現在ひきこもりの状態にあります。薬を使うことをどのように考えたらいいでしょうか?

 

 

 

 

 

A 「ひきこもり」そのものは病気ではありません。

 

 

 

 

 

しかし、ひきこもりが長引くと、さまざまな精神症状が現れて、いっそう抜け出しにくくなることは決して珍しくありません。

 

 

 

 

 

「ひきこもりを治す薬」はありませんが、今起きている症状をやわらげるために薬が有効な場合は少なくありません。

 

 

 

 

 

ひきこもりの社会復帰を助ける潤滑油として、ときには薬の助けを借りることもあっていいと思います。

 

 

 

 

 

たとえば、少量の抗うつ剤を服用し始めたらずいぶん活動しやすくなった、という事例もたくさんあります。

 

 

 

 

 

また、強い緊張を感じそうな場面(緊張して電車に乗れない、人前でしゃべれないなど)で、少量の抗不安薬を用いることでリラックスできる場合もよくあります。

 

 

 

 

 

たとえ服用しながらでも、そうやって「場数」を踏んでいけば、しだいに慣れて自信がつくものです。

 

 

 

 

 

そうなったら、あとは万が一に備えて薬を「お守り」代わりに身につけておくだけで済む場合もあります。

 

 

 

 

 

イライラや暴力などの衝動性が激しい場合や、視線恐怖などの対人困難には、抗精神病薬という種類の薬を用いる場合があります。

 

 

 

 

 

これは、主に統合失調症(精神分裂病)の治療に用いられることが多い薬剤ですが、実際は他の疾患でもしばしば用いられ、ひきこもり事例においても有効な場合があります。

 

 

 

 

 

もちろん、合わない薬を無理に飲む必要はありません。

 

 

 

 

 

薬は効果が実感できて、初めて意味があったといえるでしょう。

 

 

 

 

 

ただし、精神科の薬の中には、効果が現れるのにある程度日数がかかるものもあります。

 

 

 

 

 

自分だけで判断しないで、担当医と相談しつつ、必要に応じて取り入れてみてください。

 

 

 

 

 

もちろん薬や診断名について疑問があれば、担当医に相談してみることです。

 

 

 

 

 

きちんと説明を受け、納得して服用することが何よりも大切です。

 

 

 

 

 

薬の「副作用」については、口が渇くとか、体がだるくなるとか、眠気が出てしまうことなどもありますので、「飲み心地」がいいかどうかを確かめつつ用いるのがいいでしょう。

 

 

 

 

 

これに加えて、ときどき肝機能や血糖値などをチェックしておけば、安全性についてはほぼ問題ないものと思われます。

 

 

 

 

 

薬の「後遺症」や「依存症」を心配される方もいますが、医師の指示を守って外来で治療を受ける限りにおいては、ほとんど問題になることはないでしょう。

 



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援