子育てについて~成績が急激に落ちてきた中三の子どもを心配する親~
ホーム > 子育てについて~成績が急激に落ちてきた中三の子どもを心配する親~

子育てについて~成績が急激に落ちてきた中三の子どもを心配する親~

2019年07月06日(土)4:07 PM

子どもの成績が、中学3年になって急激に落ちてきました。別に悪い遊びを覚えたわけでもないし、勉強をしなくなったわけでもありません。

 

 

 

 

 

それだけに本人も相当気にはしているようですが・・・・・。やればできるはずの子なのに、その理由がさっぱりわかりません。

 

 

 

 

 

本人の勉強のやり方の問題なのか、あるいは教師の教え方の問題なのか。このままでは高校受験がとても心配です。

 

 

 

 

 

学校の成績や評価などというのは、その時々のめぐり合わせや人との関係によって変わるものです。自分より勉強の苦手な子ばかりが集まれば1番になるかもしれないし、優秀な子の中に入ればビリになるかもしれません。

 

 

 

 

 

また努力をしたら成績が伸びるときもあるし、いくら頑張っても伸びないときもあります。要領よく良い点を取る子もいるし、なかなか点数に結びつかない子もいます。

 

 

 

 

 

いちいち親が敏感になっていると、子どもはプレッシャーを感じるだけです。ただでさえ成績が落ちれば気になるのですから、それに輪をかけて親が言う必要はありません。

 

 

 

 

 

ましてサボっているのではなく、一所懸命にやっているのなら、温かく見守ってあげてください。「少しくらい成績が落ちても、何も焦ることはないよ」のひと言くらいかけてあげてください。

 

 

 

 

 

それが何よりも子どものやる気を起こさせるでしょう。やればできるといいますが、本当にそうでしょうか。そんな単純なものではないし、この言葉が子どもに大いなるプレッシャーを与えるのです。

 

 

 

 

 

「わたしの子だから、できないはずはないでしょ。やればできるわよ」。母親にこう言われ続け、とうとう不登校になってしまった子どもがいました。

 

 

 

 

 

その母親は有名大学を卒業して、役所に勤めていました。自分の仕事や生き方にプライドを持ち、常に前向きにがんばる努力家のお母さんです。

 

 

 

 

 

だから自分の子どもにも同じように頑張ってほしい、そういう気持ちで子どもを励まし続けたのです。

 

 

 

 

 

「お母さんはとても成績が良かったのよ。それはお母さんが一生懸命努力したからなの。あなたもお母さんの子どもなのだから、勉強ができないはずはないわ。もっと必死にがんばるのよ」。

 

 

 

 

 

毎日この言葉を聞かされていた子どもは、とうとう神経が参ってしまい学校に行けなくなってしまったのです。

 

 

 

 

 

そしてひきこもりがちになり、関東自立就労支援センターに面接に来ました。子どもの性格にもよりますが、「わたしの子どもだからできるはず」という言葉がこの子の場合はそうとうプレッシャーになっていたようです。

 

 

 

 

 

子どもはわたしに涙ながらにいかにプレッシャーがきつかったかを訴えてきました。その言葉を聞いて、お母さんはやっと分かったのです。

 

 

 

 

 

そして泣きながら娘さんに謝り、本心を語りました。本当のお母さんの姿は、実はそれほど優秀な子どもではなかった。

 

 

 

 

 

もちろん得意な科目はあったけれど、不得意な科目もたくさんあったようです。でもがんばり屋だったお母さんは、一所懸命に評価されるように努力したのです。

 

 

 

 

 

同じように子どもにも努力家になってほしいと思い、励ますつもりで自分の良いところばかりを伝えてきたのです。

 

 

 

 

 

苦手だったことや失敗したことは隠し、成功した部分ばかりを子どもに聞かせてきました。それが子どもに自信をつけさせる方法だと思い続けてきたのです。

 

 

 

 

 

しかし結果は逆に子どもを追い込み、自信を失わせるだけに終わってしまったのです。

 

 

 

 

 

この母親は、やっと子どもの前で自分の弱い部分をさらけ出すことができたのです。

 

 

 

 

 

努力してもダメだったこと、失敗ばかりして落ち込んだこと、それらをすべて涙ながらに初めて打ち明けました。

 

 

 

 

 

すると子どもは「分かるよ、お母さん。お母さんの気持ちがとてもよくわかるよ」と逆に母親を慰めだしたのです。

 

 

 

 

 

子どもは強いるだけの父親や母親が好きなのではありません。たとえ弱いところがたくさんあっても、そんなことに関係なく親が好きなのです。

 

 

 

 

 

弱いところを分かち合ってこその本当の親子関係なのです。

 

 

 

 

 

特に父親は子どもの前で強がる傾向があります。子どもから尊敬されたい気持ちが強かったり、父親は強くあらねばならないという固定観念があるからです。

 

 

 

 

 

でも、そんな強がりはまったく無意味なものです。そうして子どもの前でまで鎧をつけることで、余計に親の姿が見えなくなってしまいます。

 

 

 

 

 

さて、いまひとついけないことは、親が子どもの将来の成績まで予測してしまうことです。たとえば小学校、中学校と成績が良くて、進学校へ進んだとします。

 

 

 

 

 

すると親は”このままで行けば高校はこれくらいの成績で、将来は○○大学に行けるな”と勝手に決めつけてしまいます。

 

 

 

 

 

それは期待などというものではなく、そうなると信じ込んでしまうのです。それだけに期待を裏切られたときのショックは大きく、つい子どもに厳しく当たってしまいます。

 

 

 

 

 

これでは子どもがかわいそうです。人間は機械ではありません。今がこうだから来年はこうなる、そんな予測などできるはずもありません。

 

 

 

 

 

調子よく勉強できるときもあれば、何となく調子の悪いときもあります。機械のように一定ではないのです。

 

 

 

 

 

それを決めつけられた子どもはどう思うでしょうか。期待通りにいけばいいのですが、そうそううまくはいきません。

 

 

 

 

 

結局は周りの勝手な期待に押しつぶされてしまうのです。そして親につぶされてしまった子どもは、それがネガティブな思いとなってなかなか親元から旅立てなくなってしまうのです。

 

 

 

 

 

「対応」

 

 

 

 

 

極端に子どもの成績が落ちて、まず親が心配しなければならないのは子どもの精神状態です。

 

 

 

 

 

受験云々のことではありません。何か心に大きな悩みを抱えているのか、勉強が手につかないような不安があるのか、そのことを第一に心配するのが親なのだと思います。

 

 

 

 

 

成績は落ちても、まためぐり合わせで上がってくることもあります。しかしめぐり合わせを生かす心が抜け落ちてしまったら、受験どころか将来までも危うくなってしまいます。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援