父親への拒絶反応が強い男子高校生
ホーム > 父親への拒絶反応が強い男子高校生

父親への拒絶反応が強い男子高校生

2019年06月20日(木)12:57 PM

父親への拒絶反応が強い男子高校生のケースです。不登校になり、自分から望んで、実家を出てマンションでひとり暮らしをしていました。

 

 

 

 

お父さんは大企業の管理職をしていました。息子さんが小さいころから、どなったり体罰をしたりする怖いタイプのお父さんでした。

 

 

 

 

顔つきも怖い感じがしました。お父さんが息子さんのマンションに来ると、部屋には入れるのですが、近づこうとすると大声でわめき、物を投げたりしました。

 

 

 

 

お父さんとの親子関係に大きな問題があることを、なかなかお父さんは納得してくれませんでした。

 

 

 

 

それでも、やがてお父さんは息子さんに対する態度を少し和らげるようになっていきました。

 

 

 

 

息子さんはバイクに乗る許可を両親にもらい、バイクに乗ってひとりで関東自立就労支援センターのカウンセリングに来るようになりました。

 

 

 

 

行けなくなった高校は進学校でしたが、その後、本人の希望で別の高校の夜間部に編入して登校するようになりました。

 

 

 

 

約半年で、このカウンセリングは終了しました。

 



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援