問題を先送りすると悪いことしか発生しない
ホーム > 問題を先送りすると悪いことしか発生しない

問題を先送りすると悪いことしか発生しない

2019年05月24日(金)9:41 PM

問題を先送りしても、良いことは決して発生しません。むしろ、先送りするから問題がどんどん大きくなるのです。

 

 

 

 

 

明日できることを今日やる必要はありませんが、今日できることは今日しておかないと明日はもっとできなくなってしまいます。

 

 

 

 

 

「こういう問題については今後考えていかなければならない」「何とかしなきゃとは思っているんだけど・・・・・・」などという人がいますが、後日きちんと考えて実行に移すことはありません。

 

 

 

 

 

何もする気がない言い訳としてこうした言い回しを使っているだけです。

 

 

 

 

 

例えば恋です。女性で、恋人との付き合いに限界を感じても、なかなか別れない人がいます。彼氏から「愛」の代わりに「怒り」をもらっているとこうなります。

 

 

 

 

 

会えば会うほどさみしくなっているからです。しかし、決断を先送りしてずるずると付き合っていると、どんどん相手の男性の怒りが女性に入ってきて汚染します。

 

 

 

 

 

男性は恋人から汚染されることはありませんが、女性は汚染されるのです。

 

 

 

 

 

怒りが心に入ってくると、ますますさみしくなってたとえいやな人間でもそばにいて欲しくなります。

 

 

 

 

 

そのため、彼とは別れた方がいいとわかっていても、つのるさみしさのためにますます別れられなくなるのです。

 

 

 

 

 

また、入ってきた怒りのために、今度は女性がイライラするようになります。

 

 

 

 

 

イライラのために、ますます彼との恋愛がうまくいかなくなります。家族や職場の人たちともうまくいかなくなります。

 

 

 

 

 

知らない間にイライラをみんなにぶつけてしまうからです。

 

 

 

 

 

問題を先送りすると、いいことは何一つ発生しませんが、悪いことだけはどんどん発生するのです。

 

 

 

 

 

人生、即断即決即実行です。

 



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援