ひきこもり~家族ぐるみの付き合いで人間関係を学ぶ~
ホーム > ひきこもり~家族ぐるみの付き合いで人間関係を学ぶ~

ひきこもり~家族ぐるみの付き合いで人間関係を学ぶ~

2019年05月15日(水)6:58 PM

ひきこもりの人の中には、人間関係が上手くいかずにひきこもっている人がたくさんいます。

 

 

 

 

人間関係というのは、本を読んだり、話を聞いたり、人に教えてもらったりして上手になるものではありません。

 

 

 

 

 

ある程度はわかっても本当に上手につき合えるようになるためには、実際に生身の人間とつき合うことが大切です。

 

 

 

 

 

そうやってはじめて体得できるものなのです。

 

 

 

 

 

そこで、お父さんもお母さんも、子供と一緒になってたくさんの人とおつき合いをしてほしいと思います。

 

 

 

 

 

たとえば、お父さんやお母さんの友人の家族、あるいはお子さんのお友達の家族と、家族ぐるみでおつき合いをしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

一緒に遊びに出かけたり、ごはんを食べたり、普段着のおつき合いをするのです。

 

 

 

 

 

家へ招いたり、招かれたりしてもお互いお客様扱いせず、特別なご馳走を用意したり、おみやげを買っていったりする必要はありません。

 

 

 

 

 

見栄を張らず、普段どおりにする、これがおつき合いを長続きさせるコツです。

 

 

 

 

 

必要以上にお金をかけないことも大切です。

 

 

 

 

 

親しくしていても、相手の家庭の経済状況はわかりません。

 

 

 

 

 

家族ぐるみのおつき合いを通して、子どもは、ただ友達の家で昼間遊ぶだけでは知りえない、たくさんのことを学んでいきます。

 

 

 



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-439-4355
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援