学校に行くのが面倒だと言って不登校になった高校生
ホーム > 学校に行くのが面倒だと言って不登校になった高校生

学校に行くのが面倒だと言って不登校になった高校生

2019年03月08日(金)12:54 PM

「質問」

 

 

 

 

高校一年の娘は、面倒くさいから学校へ行かないと休み続けています。何をするでもなく、一日中ゴロゴロしていて親としてどう接してよいかわかりません。

 

 

 

 

「回答」

 

 

 

 

面倒くさいという言葉の背景にある心を探ってみましょう。

 

 

 

 

面倒くさい、億劫だと学校を休んで一日ゴロゴロされては、お母さんもついつい叱りがちになることでしょう。

 

 

 

 

うつ病やその他の精神的な病気がその言動から感じられるようでしたら、専門医に受診されることをお勧めします。

 

 

 

 

そうでない様子でしたら、「面倒くさい」という言葉の奥にある娘さんの心を聞いてみましょう。

 

 

 

 

本当は、①友達関係がうまくいかず、悩むのが面倒くさい、②勉強がわからず、勉強するのが面倒くさい、③通学距離が長く、行くのが面倒くさい、などの思いが隠されているのかもしれません。

 

 

 

 

一見無気力な言葉の裏には、いろいろな心が複雑に絡み合っているものです。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援