ひきこもり~なぜ、働けないのか~
ホーム > ひきこもり~なぜ、働けないのか~

ひきこもり~なぜ、働けないのか~

2019年02月22日(金)1:59 PM

ひきこもりと言っても、彼らは活発そうに見える人、口が達者な人、スポーツが得意な人、おとなしく礼儀正しい人など、ほんとうに一見どこにでもいる人たちです。

 

 

 

 

それなのになぜ、働けないのでしょう。

 

 

 

 

共通事項として、次のようなことがあります。

 

 

 

 

(1)体内リズムが異なる。働くには、まず身体の体内リズムを朝型に切り替える必要がある。

 

 

 

 

(2)働いても過去のことに触れられると、普通の人生を歩んでいないので返答に困る。嘘をついて、それがまたプレッシャーになり長続きしない。(彼らの言う普通の人生とは、学校に行き、社会に出て行く生活、人とのふれあいのある生活ということでした)。

 

 

 

 

(3)社会経験(学校生活も含めた)がないため、テキパキ指示通りに働けるか不安。体力も自信がない。

 

 

 

 

(4)社会経験がほとんどなく、自助グループの中にいても同じタイプばかりなので、普通世間一般の話題についていけない。

 

 

 

 

(5)何かあると自分が悪いからと思ってしまう人が多いので(自己肯定感が低い)、プレッシャーに耐えられない。

 

 

 

 

(6)職歴の空白期間をどう履歴書に書いたらよいのかわからない。

 

 

 

 

(7)人とのコミュニケーションが苦手(特に、雑談が苦手)。

 

 

 

 

ここに掲げたのは、働けない要因としてはほんの一部です。また、ここに掲げた内容に当てはまる人と当てはまらない人も無論いるでしょう。ただ、彼らの働けない気持ちの一部を私たちが知ることは大切なことだと思います。

 

 

 

 

そのうえで、ひきこもり本人、家族、そして学校の先生、友達、カウンセラーの皆さんが、ともに手をとりあい、不登校・ひきこもりからの脱出へ向かってほしいものです。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援