ピカソとアインシュタイン
ホーム > ピカソとアインシュタイン

ピカソとアインシュタイン

2019年01月21日(月)4:46 PM

ピカソという画家を、みなさんもよく知っていると思います。二十世紀最大の天才画家といわれています。

 

 

 

 

ピカソは、とても早熟な子供でした。中学校に上がるか、上がらないかという年齢で、もう大人顔負けのすばらしい絵を書き残しています。

 

 

 

 

ところで、このピカソなのですが、学校に通っていた時には、確かに美術の成績は抜群に秀でていたのですが、その他の科目は、算数も国語もまるっきりダメだったのです。

 

 

 

 

テストなどすれば、ほとんど下から数えたほうが早いくらいの成績でした。それでも天才と呼ばれるような偉大な業績を残すことができたのです。

 

 

 

 

それはなぜか。「絵を描く」ことにかけては、誰にも負けない才能を持っていたからです。

 

 

 

 

物理学者のアインシュタインもそうでした。

 

 

 

 

物理学の分野では天才的な才能を持っていたのですが、それ以外のことはまったくダメだったのです。驚くことに、物理学と同じ理科系の科目である数学ですら苦手にしていたようです。

 

 

 

 

大学受験の時にも、物理学以外の科目はすべて不合格でした。でも物理学だけは驚くような好成績だったので、それに免じて特別に合格通知を出してもらったという逸話があるくらいです。

 

 

 

 

また、アインシュタインの書いた論文には、高校生でもしないようなごく単純な計算ミスがよくあったということです。

 

 

 

 

それでもアインシュタインは、二十世紀最大の物理学者だといわれているのです。

 

 

 

 

それはアインシュタインが、物理学に関しては、誰にも及ばないすばらしい才能を持っていたからでしょう。

 

 

 

 

ピカソやアインシュタインのような天才であってもこうなのです。

 

 

 

 

私たちのような凡人が、あれもこれもよ欲張っても、しょせん全部を身につけることなど不可能でしょう。

 

 

 

 

しかし、一つのことに集中してがんばっていれば、天才とは呼ばれなくても、「これならば」と自信をもっていえるようになるぐらい上達することは可能だと思うのです。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援