親の務め
ホーム > 親の務め

親の務め

2019年01月16日(水)3:58 PM

親の務めは、その子の個性を認め、長所を伸ばすことです。

 

 

 

 

その子の欠点ばかりに目を向けていたら、お互いに何もよいことはありません。

 

 

 

 

子どもは、親が思っているような子どもになろうとします。なぜなら、子どもというものは、親の価値を受け入れて、自分はそういう子なのだと思い、そのような自己像を形成してゆくからです。

 

 

 

 

その子が何を望み、どんな悩みを抱えているのか、学校生活や日常生活で何を感じ何を考えているのか、私たち大人は、子どもの話に真剣に耳を傾けなければなりません。

 

 

 

 

そうすれば、子どもは自分が大切にされている、認められ愛されていると実感できます。

 

 

 

 

自分は、親にまるごと受け入れられていると感じることができるのです。

 

 

 

 

また、親自身が自分の欠点も長所もすべてそのまま素直に受け入れている人であれば、子どもはそんな親の姿からさまざまなことを学ぶことができます。

 

 

 

 

自分の不完全さを受け入れ、己の幸福を幸福とする親の姿が、子どもにとっては何よりの手本になります。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援