子育てについて~言葉~
ホーム > 子育てについて~言葉~

子育てについて~言葉~

2019年01月04日(金)4:15 PM

言葉というのは不思議なものです。

 

 

 

 

昔から、男性が女性を口説くときに、女性が「いや」という言葉には、いろいろなニュアンスが含まれるといいます。

 

 

 

 

たしかに、本当に拒否をしている「いや」と、恥じらいを含めて受け入れるときの「いや」はぜんぜん意味合いが違います。

 

 

 

 

それと同じで、同じ言葉でも言う人の思いによって、意味がガラリと変わってきます。

 

 

 

 

例えば、母親が子どもに「片付けはもうすんだの?」と尋ねるときに、「さっきから言っているのに、まだやってないの!」という言葉を言外に含んでいることもあれば、「きっと、もうすんだのよね。偉いわね」というニュアンスを含んだ場合があります。

 

 

 

 

まったく同じ言葉でも、前者ならば子どもに反発されるでしょうし、後者なら「ごめん、まだやってなかった。すぐやるね」と素直な反応が返ってくることでしょう。

 

 

 

 

そして、いつも小言と子どもへの批判ばかり口にしていると、お母さんの言葉は子どもにとって「また、いやなこと」という反応になってしまいます。

 

 

 

 

これを心理学では嫌悪刺激といいますが、「お母さんの言葉」=「いやなこと」という一種の条件反射です。

 

 

 

 

言葉というのは、ただ単に意味を伝えるだけでなく、お互いの心に響きあうものをもっています。

 

 

 

 

親子の関係に必要なのは、言葉そのものより、むしろこの響きあうものなのだと思います。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-439-4355
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援