人はみな価値観が違う
ホーム > 人はみな価値観が違う

人はみな価値観が違う

2018年12月14日(金)6:16 PM

自分自身の意見やエゴを抑えて、他人を優先するということはとても価値のあることです。

 

 


その最たるものが、相手を自分の思い通りに変えようとしないで、ありのままの姿を受け入れるということです。

 

 

私たちは、毎日の暮らしの中で、それぞれ自分なりの価値観や基準を持って生活しています。

 

 

そして、いつの間にか、自分の考え方や行動が当たり前なのだと思い込んでしまいます。その結果、どうしても自分なりの基準で相手を見てしまって、自分と違うやり方が気になってきます。

 

 

例えば、タバコを吸わない人は、吸う人に対して、マイナスの感情を抱きやすいものです。

 

 

家庭内でも夫婦、嫁と姑の間で、それぞれが自分の立場を主張してケンカになることは珍しくありません。

 

 

人が集まれば衝突するのが自然です。うまくいっているように見えるのは、誰かが折れているから事なきを得ているだけです。

 

 

好かれる人というのは、どんなときも、相手の考え方を丸ごと受け入れようとします。

 

 

そういう人は、自分の基準や価値観を持たないのではなくて、前面に押し出さないようにできるのです。

 

 

もし、相手に問題があった場合も、怒ったり命令したりはしません。相手の意見を聞きながら、自分の意見も冷静に相手に伝えることで、問題を解決しようとします。

 

 

そのように、他人を変えようとしない人といると、人は居心地の良さを感じます。ですから、その人に人気が集まるのです。

 

 

「他人を変えるなんてとんでもない。人間はみな、それぞれに違う価値観を持っていて当然なんだから」

 

 

そう言える人は、誰からも好かれる人と言えるのです。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援