「学校に行かなくてもいい」と言っているのに子供が元気にならない
ホーム > 「学校に行かなくてもいい」と言っているのに子供が元気にならない

「学校に行かなくてもいい」と言っているのに子供が元気にならない

2018年12月09日(日)12:53 PM

いろいろやってみても子供は学校に行きそうもないし、無理強いはよくないということに親もだんだん気がつき始めますと、とりあえずは「学校に無理に行かなくてもいいよ」と言えるようになります。




「それでも子供が元気にならないのはなぜでしょう?」という話が面接等でよく出ます。




私の知人も同じような経験をしています。




知人の長女の体調がどんどん悪くなり、奥さんからも諭されて登校を無理強いすることはやめ、とりあえずは「学校を休んでいい」と言ってはみましたが、長女は元気になりませんし、親子関係もギクシャクしたままでした。




知人は、本心では一刻も早く学校に戻ってほしいと思っていますから、言葉の調子や表情などで親の気持ちが子供に伝わり、「お父さんはそう言っているけれど、本心は違うんだ」と見抜かれてしまい、本人はさらに辛くなってますます自分を責めていたようです。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援