ひきこもりやニートに関する相談~子供の要求がエスカレートしたらどうするか~
ホーム > ひきこもりやニートに関する相談~子供の要求がエスカレートしたらどうするか~

ひきこもりやニートに関する相談~子供の要求がエスカレートしたらどうするか~

2018年11月16日(金)11:52 AM

お小遣いにしろ携帯電話やネットにしろ、一度認めると際限なく要求がエスカレートするのではないかという不安を持つ親御さんもたくさんいるでしょうが、最初に金額の上限について説明し、その範囲でしか対応できないことを明らかにしたほうがよいと思います。

 

 

 

 

家計の事情を具体的に明らかにし、「だから今は○○円までしか協力できない」と説明するように努めてください。

 

 

 

 

「働いてもいないのに贅沢だ」というような言い方や雰囲気にならないように心がける必要があります。

 

 

 

 

本人は口に出して言わなくても、十分に「肩身の狭い」思いをしていますので、それでは追い打ちをかけてしまうことになります。

 

 

 

 

親はどうしても「正論」「常識」で子どもを説得したくなりますが、このような状態に追い込まれている子どもにとっては、ほとんど無意味なだけでなく、むしろ逆効果です。

 

 

 

 

必要なのは説得ではなく、「事実の説明」ですから、金銭にからむ問題は「家計の情報公開」で対応してほしいと思います。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援