ひきこもりに関する相談~「親の会」への参加をどう伝えればいいか~
ホーム > ひきこもりに関する相談~「親の会」への参加をどう伝えればいいか~

ひきこもりに関する相談~「親の会」への参加をどう伝えればいいか~

2018年11月15日(木)9:08 AM

お子さんの状態や親子関係の状況にもよりますから一概には言えませんが、親子の意思疎通がある程度できている場合は参加していることを伝えても問題ないと思います。

 

 

 

 

ですが、コミュニケーションが取れず、関係がギクシャクしているときは、慎重にしたほうがよいと思います。

 

 

 

 

その場合でも、隠し通す必要はありません。こう着状態が長く続いている場合は、会報やチラシを本人の目につくところにさりげなく置いておくことで、親の気持ちが伝わり、親子関係を変化させるきっかけになることもあります。

 

 

 

 

会に参加していることをお子さんが知って反発したり、やめるように要求する場合には、「あなたをどうにかしようということで参加しているのではなく、自分が勉強するために参加している」こと、そして「同じような体験をしている家族や体験者の話を聞き、あなたにとって何か役に立てることはないか考える機会になっている」と、はっきり伝えていただきたいと思います。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援