不登校の相談~家でゴロゴロしてばかりの子供~
ホーム > 不登校の相談~家でゴロゴロしてばかりの子供~

不登校の相談~家でゴロゴロしてばかりの子供~

2018年11月02日(金)3:52 PM

親からすると、不登校の子供は毎日家で「ゴロゴロ」しているように見えます。

 

 

 

 

 

子供の不登校を体験していない方は、夏休みや冬休みに、子供がまったく勉強しないで 一日中家にいる状態を想像してみてください。

 

 

 

 

 

何日耐えられるでしょうか?夏休みや冬休みは終わりがあるので「救い」もありますが、不登校の場合はそれがいつまで続くかわからないのです。

 

 

 

 

 

ストレスを感じるのも仕方ありません。しかし、子供は本当に「ゴロゴロ」しているだけなのでしょうか?

 

 

 

 

 

私が出会ったある家庭の体験をここで紹介します。

 

 

 

 

 

そのお宅の長女は、中学生の時に不登校になりました。ある日、不登校をしていない弟が出かけるとき、彼女にビデオの予約を頼みました。

 

 

 

 

 

彼にしてみれば、姉はいつも家にいるのだからそのくらいの頼みは何でもないと思ったのでしょう。

 

 

 

 

 

そのとき彼女は、とっさに「だめ、私は忙しいんだから」と答えたそうです。

 

 

 

 

 

彼女は当時を振り返って、「私は学校に行かないことをしていたと思う」と表現していました。

 

 

 

 

 

これは不登校の核心をついた言葉です。

 

 

 

 

 

「学校に行けない、行かない」ことによる悩みや不安、葛藤は尋常なものではありません。

 

 

 

 

 

そんな自分自身と闘いながら、「学校に行かないこと」をしている不登校の子供は、ゴロゴロしているように見えるだけで、ものすごいエネルギーを使っていることをまず分かってほしいのです。

 

 

 

 

 

その後彼女は高校に進学し、たびたび学校に行けない辛い状態が続きましたが、自分の体験を生かした勉強をしたいと考えて福祉系の大学に進学して無事卒業し、現在は結婚して二児の母となり、育児に奮闘しながら地域の福祉ボランティアで精力的に活動しています。

 



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援