子育て相談~中学生になってから、甘えがひどくなった~
ホーム > 子育て相談~中学生になってから、甘えがひどくなった~

子育て相談~中学生になってから、甘えがひどくなった~

2018年10月11日(木)1:12 PM

相談事例

 

 

 

 

 

中一の男の子ですが、最近、親への甘えがひどいです。スキンシップはそれほどでもないのですが、いろんなものを買ってくれと要求してきます。断ると、今度は顔つきが変わって怒り出します。どう対応すればいいでしょうか。

 

 

 

 

 

普通、中一くらいになると、しだいに親離れしてきて、親に甘えてこなくなるものです。それが、逆に甘えがひどくなっているということですが、次の二つの場合が考えられます。

 

 

 

 

 

一つは、今までの親子関係が希薄だった場合です。

 

 

 

 

 

子どもが、甘えていい時に、十分甘えられなかった、我慢してきた、いい子として背伸びしてきた、そういう場合は、思春期になって逆に子ども返りすることがあります。

 

 

 

 

 

その場合は、ある程度、そういう甘えに付き合ってやることが必要です。

 

 

 

 

 

もう中学生なんだからいい加減に自立しなさい、と杓子定規に突き放すべきではないと思います。

 

 

 

 

 

甘えたり、怒ったりしているうちに、だんだん親が自分のことをちゃんと思ってくれていることを確認して、再び親離れをしていきます。

 

 

 

 

 

もう一つは、親子関係が十分成立しているのに、こうなってしまう場合です。

 

 

 

 

 

その場合は、親子関係に問題があるのではなく、子どもの友達関係や学校生活に問題のあることがあります。

 

 

 

 

 

子どもが、親離れを果たして、友達関係に移っていこうとする時に、友達関係から排除される、ひどい場合は、いじめに遭う・・・・・・・・。

 

 

 

 

 

そうなると、子どもは家以外での居場所を失ってしまいます。それはとても辛い事です。その辛さのやり場がないために、家で八つ当たりするのです。

 

 

 

 

 

ですから、こういう場合は、いくら親が本人の言うことを聞いて相手をしていても事態は改善しません。

 

 

 

 

 

問題は家ではなく、外、例えば友達関係にあるからです。その場合は、本人自身がなかなか友達を作りにくい場合は、学校の先生と相談して、友達作りをサポートしてもらうとか、学校以外での人間関係、フリースペースや趣味のサークルなど友達作りの機会をアドバイスしていく必要があります。

 

 

 

 

 

いじめがあれば、もちろんそれも先生と相談して解決を図っていきます。

 

 

 

 

 

特殊な場合として、現在の状態がエスカレートして家庭内暴力に発展する場合があります。

 

 

 

 

 

その場合は、かなり専門的な対応が必要なのでしかるべき相談機関や、思春期の子どもを扱っている精神科の病院に相談に行かれることをお勧めします。

 

 



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援