マイナス感情と涙
ホーム > マイナス感情と涙

マイナス感情と涙

2018年09月04日(火)11:11 PM

現代に生きる私たちは、多くがさまざまなストレスにさらされています。

 

 

 

 

 

そして、泣くこと、笑うことは、ストレスを和らげるためにとても効果的です。

 

 

 

 

 

泣くとき、心の否定的な側面が洗い流されていきます。そして、自分自身を苦しめているこだわりやエゴから解き放たれ、素直な心がよみがえってきます。

 

 

 

 

 

しかし、悲しみや苦しみを解き放つことを我慢すれば、そのエネルギーはいつまでも心の中に留まり続けます。

 

 

 

 

 

心の痛みを経験した分だけ成長できる

 

 

 

 

 

また、涙は、心の成長を表しています。人は、心の痛みを経験することで成長していきます。泣いているときのあなたは、一段高い意識次元から自分自身を眺めているのです。

 

 

 

 

 

それは、あなたが前向きに考え、真実を知る手がかりを与えてくれることでしょう。

 

 

 

 

 

ところで、私たちの日常では、「涙を流すこと」は必ずしも評価されていません。

 

 

 

 

 

たとえば、私たちの社会は、親しい友人や家族が泣いていると、何とか泣きやむようになだめたりします。

 

 

 

 

 

そして、泣くことは、よくないこと、恥ずかしいことのように教えられてきました。しかし、涙を流すことは、決して恥ずかしいことではないと思います。

 

 

 

 

 

涙を流す時、理性の力を超えて、感情があふれだしてきます。多くの場合、感情は理性より魂の声を伝えているのです。

 

 

 

 

 

悲しい時、怒っている時、苦しい時、寂しい時、せつない時・・・・・・・それがどんな思いからであっても、泣きたい時は、涙を流すことをためらわないでください。

 

 

 

 

 

そして、泣きながら”自分の涙のわけ”を考えないでください。

 

 

 

 

 

思いきり泣く、涙を流すという行為は、魂からの働きかけなしではありえないのです。

 

 

 

 

 

魂の声に心が、もうこれ以上抵抗できないと素直に従った時、涙はあふれてくるのです。

 

 

 

 

 

一人の時間に感情を思いきり解放する

 

 

 

 

 

心が疲れてしまった時、人から誤解されてしまった時、どうか一人の時間に思いきり泣いてください。

 

 

 

 

 

誰のためでもなく、自分のためだけに思いきり泣く時間をつくってください。

 

 

 

 

 

ためらうことなく、自らすすんで泣くのならば、魂とのつながりは深まっていきます。

 

 

 

 

 

そして、涙は、あなたが真実を知っていくうえで大きな力となることでしょう。

 

 

 



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援