人間関係の基本~(ポジティブ・サム)で考える~
ホーム > 人間関係の基本~(ポジティブ・サム)で考える~

人間関係の基本~(ポジティブ・サム)で考える~

2018年08月06日(月)12:33 PM

人間関係の基本は「ギブ・アンド・テイク」です。

 

 

 

 

 

社会生活をしているかぎり、自分の思い通りにはなりません。

 

 

 

 

 

日常の人間関係はある程度、「譲ったり、譲られたり」という関係で成り立っています。

 

 

 

 

 

ところが、自分の利益しか考えない人、自分さえよければいいという人がいます。

 

 

 

 

 

「どうやって他人より得をするか」「どうすれば儲かるか」ということに血眼になり、自分が得をするためには、他人を平気で利用します。

 

 

 

 

 

つき合う相手も、自分の得になるような相手しか選びません。

 

 

 

 

 

このように、すべてを損得勘定ではかる人は、相手が順調なときは何とかして好かれようと躍起になりますが、不調になるとわかると態度を一変します。

 

 

 

 

 

「ツキに見放された人間と一緒にいると、こっちまでツキがなくなる」とばかりにさっさと離れていきます。

 

 

 

 

 

そしてまた、自分にとって利益になるような相手を探します。

 

 

 

 

 

本人は世渡り上手のつもりでいます。ですが、はたしてそうでしょうか。

 

 

 

 

 

心理学ではゲーム場面を使って、対立行動や協調行動の実験を行います。このゲーム場面で人の行動を調べると、二つの相反する行動タイプに分けられます。

 

 

 

 

 

一つは、自分が勝って相手が負けるか、自分が負けて相手が勝つという、勝ちか負けかの考え方です。

 

 

 

 

 

一方の利益が増すときに他方の利益が減り、双方の利益を足し算(和/サム)するとゼロになることから、こうした事態をゼロ・サムといいます。

 

 

 

 

 

もう一つは、両方とも勝つか、両方とも負けるかという考え方です。もちろん、後者ではどちらも損をするので、両方とも勝てるやり方を考えます。

 

 

 

 

 

これを会議の場に置き換えてみましょう。

 

 

 

 

 

あなたともう一人の社員がそれぞれ案を出し、出席者の見解が真っぷたつに分かれました。

 

 

 

 

 

あなたは自分の意見を主張し、相手の案をけなして同調者を増やそうとするでしょうか。

 

 

 

 

 

それとも、相手の案にも一理あるなら、話し合いの中で、さらに良い案を一緒に考えようとするでしょうか。

 

 

 

 

 

ゼロ・サムは、相手のマイナスによって、自分の側がプラスになるという考えで、勝つためには相手を蹴落とすといった発想です。

 

 

 

 

 

それに対して、ポジティブ・サム(正の和)は、互いにとってプラスとなる解決方法を探します。

 

 

 

 

 

ゼロ・サムの考え方しかできない人は、目先の損得にこだわり、他の可能性について考える余裕がありません。

 

 

 

 

 

視野が狭く、どちらが勝つかという短絡的な方法しか思いつかないのです。

 

 

 

 

 

自分本位で、他人への共感能力が低いため、相手の立場に立ってものを見ることができません。

 

 

 

 

 

自分の損得だけを考えている限り、信用は得られませんし、人々から好意的に評価されることもありません。

 

 

 

 

 

「あの人と一緒にいても、利用されるだけでいいことは一つもない」と思われて真の友人も仲間もできません。

 

 

 

 

 

いざというとき、誰の協力も得られず、自分にとってもマイナスとなります。

 

 

 

 

 

一方、ポジティブ・サムの考え方をする人は、相手にも利益をもたらすことで感謝され、好意を寄せられます。

 

 

 

 

 

信頼できる人物として評価され、ビジネスを離れたつき合いにも発展しやすく、思わぬ人脈を紹介される可能性もあります。

 

 

 

 

 

長い目で見て、どちらがプラスになるかは言うまでもありません。

 

 

 

 

 

人間関係はやはり助けたり助けられたりといった互譲の精神が必要です。

 

 

 

 

 

互いに譲り合いながら、心の結びつきを深めていくことで好意を持ち合い、親しい関係に発展するのです。

 

 



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-439-4355
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援