チック症の子~日常生活のここをチェック~
ホーム > チック症の子~日常生活のここをチェック~

チック症の子~日常生活のここをチェック~

2018年05月24日(木)8:54 PM

「うちの子、近ごろやたらに目をパチパチさせるようになったんです。チック症っていうんですか、どうしたらこれをやめさせることができるでしょうか?私、嫌なんです。もっともなくて、恥ずかしくて・・・・・・」

 

 

 

 

 

お子さんのチック症に悩むお母さんからの相談です。しかし、お母さんのこの言葉には、違和感を覚えました。

 

 

 

 

 

激しくまばたきする、いわゆるチック症は、お母さんに恥ずかしい思いをさせないために治すのではなく、お子さんのためのはずです。

 

 

 

 

 

チック症は、余計なストレスがかかっているために起こる、心のSOSのサインであることが多いのです。

 

 

 

 

 

いくら親が、「やめなさい」「目をパチパチしないの!」と言っても、止まるものではありません。

 

 

 

 

 

まず、お子さんの日常生活を点検してみて、無理がないか、嫌なことがあるのではないか、その原因を探ることからはじめなければなりません。

 

 

 

 

 

たとえば、ピアノ、英語教室、絵の教室にスイミングスクールと、毎日のようにたくさんのお稽古事をしていたら、そのハードスケジュールをこなすためにかなりのストレスがかかっているはずです。

 

 

 

 

 

その代償として、目をパチパチする行為が始まったとも考えられますので、お稽古事の種類や回数を減らしてみましょう。

 

 

 

 

 

あるいは、下に赤ちゃんが生まれて、お母さんの関心が自分から離れてしまったと感じているのかもしれません。

 

 

 

 

 

そうなら、もう少しその子にも関心を向けるようにすれば、だんだんチック症は軽いものになっていくでしょう。

 

 

 

 

 

子供を健全に育てるのは、親が恥をかかないためではなく、子供自身の幸せのためなのです。

 

 

 



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援