社会に出るきっかけがつかめないと悩む25歳の女性
ホーム > 社会に出るきっかけがつかめないと悩む25歳の女性

社会に出るきっかけがつかめないと悩む25歳の女性

2018年05月04日(金)11:39 AM

相談事例

 

 

 

 

 

私はもう25歳になります。

 

 

 

 

 

学校時代は不登校などはしませんでした。

 

 

 

 

 

一度社会人になって看護師として寮生活をしましたが、1年足らずでそこの職場を辞めさせられて実家に戻ることになりました。

 

 

 

 

 

それからというものの、家の中のことで流されて、自分の殻の中に閉じこもり、愚痴ばかり言っている生活になってしまいました。

 

 

 

 

 

実家は商売をしており、一日中電話番をしていなければならないのです。

 

 

 

 

 

・・・・・・・何度か自立しようと仕事に出ましたが、ほんのささいなことで無断欠勤し、それからとめどなく次から次へと職場を変わる結果となっています。

 

 

 

 

 

いまでは、一日中仕事をせず、テレビをボーッと見ているだけの生活になっています。

 

 

 

 

 

このような状態なので、まったく何の希望ももてません。

 

 

 

 

 

将来に対する不安も強まってきています。どうしたらいいのでしょうか。

 

 

 

 

 

「回答」

 

 

 

 

 

長文の相談のメールをいただきました。

 

 

 

 

 

非常に自分を責めて苦しんでいらっしゃる様子で、つらい日々を送っているんだろうなあと想像しています。

 

 

 

 

 

しかし、自分を見つめることは、現状を抜け出す手がかりにきっとなると思います。

 

 

 

 

 

精神科医が診察をする際、まず考えることは、その人が抱えている心の問題の質は何かです。

 

 

 

 

 

この質問の女性(以後、A子さんと呼ばせていただきます)は、文面から推測して精神病ではなく、軽い神経症(ノイローゼ)状態だと思われます。

 

 

 

 

 

別の言い方をしますと、子供から大人への自立の過程で悩んでいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

家庭の問題やいろいろな状況も関係しているように推測されますが、A子さんの性格的な問題もあるように思います。

 

 

 

 

 

性格的な問題の場合には、すぐに効く薬はなく、言葉による治療、すなわちカウンセリングが主になります。

 

 

 

 

 

そして、自分を見つめ始めているA子さんは、カウンセリングを受けるいい時期になっています。

 

 

 

 

 

ぜひ、どこか適当なカウンセラーを探し、継続してカウンセリングを受けてみてください。

 

 

 

 

 

立ち直る方向を見い出せることと思います。

 

 

 

 

 

 

A子さんは、社会的自立の悩みとともに、”この歳になっても化粧もできません。おしゃれの努力もできません”という女性としての悩みも訴えていらっしゃいます。

 

 

 

 

 

これらの悩みは思春期の悩みそのものです。

 

 

 

 

 

すなわち、どんな大人になれるのか、女としてやっていけるのか、という問題をめぐって悩んでいるのです。

 

 

 

 

 

本人や家族の「変わりたい」という意欲がカギ

 

 

 

 

 

A子さんの質問に関連して、カウンセリングの目的について考えてみます。

 

 

 

 

 

カウンセリングを受ける場合、「性格を変えてもらえる」と期待される方がときどきいらっしゃいます。

 

 

 

 

 

しかし、私は「性格を変えてやろう」というような目的ではカウンセリングはしていません。

 

 

 

 

 

他の多くのカウンセラーもそのようには考えていないと思います。

 

 

 

 

 

思春期になれば、性格の骨格はすでにできあがっています。

 

 

 

 

 

カウンセリングの目的は”自分を自分自身がよく知ること”です。

 

 

 

 

 

自分を知って、自分のいいところをできるだけ引き出し、周囲に対するまずい反応の仕方やストレスをいかに少なくするか、を身につけることが目的です。

 

 

 

 

 

自分を知って、自分に合った自分らしい生き方を見つけ出すための手助けをするのがカウンセラーの役割です。

 

 

 

 

 

見つけ出すのはあくまでも本人自身です。

 

 

 

 

 

カウンセリングが効果をあげるためには、いくつかの条件が必要です。

 

 

 

 

 

ひとつは本人(とその家族)の意欲です。

 

 

 

 

 

本人と家族が悩み、現状からの脱出を切望し、そして、そのために努力するほど効果があります。

 

 

 

 

 

もうひとつは、カウンセラーとの相性です。

 

 

 

 

 

人生は出会いで決まる部分がたくさんあります。

 

 

 

 

 

カウンセリングでも出会いが大切です。

 

 

 

 

 

A子さんがいいカウンセラーに出会えることを祈っています。

 

 



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援