少年と修学旅行
ホーム > 少年と修学旅行

少年と修学旅行

2017年12月29日(金)10:11 AM

小学校から7年間、学校に行かない少年とかかわりを持つようになりました。

 

 

 

 

 

中学校は 2年前に卒業していました。中学時代も学校に行けませんでしたが、行事の予定表は先生から送ってもらい確認できていました。

 

 

 

 

 

ほかの行事には参加しなかった彼ですが、京都、奈良への修学旅行には興味を示し、か細い声で母親に「行きたい」と伝えました。

 

 

 

 

 

それには理由がありました。子供のころから電車が大好きだったのです。親も電車の模型を買い与え、おもちゃも電車が多かったようです。

 

 

 

 

 

乗り物に乗ることが大好きだった彼ですが、突然不登校になり一歩も外に出なくなりました。

 

 

 

 

 

両親は、車で外に連れ出して、電車に乗せてやろうと何度も試みましたが、本人は頑として受けつけないまま 5年が過ぎていました。

 

 

 

 

 

少年の申し出に両親は、「ひょっとしたらこれがきっかけで動いてくれるかもしれない」と思い、中学校の先生にも連絡をし準備を万全に整えました。

 

 

 

 

 

修学旅行の前日、きちんと準備したバッグや着替えの前で彼は床につきました。

 

 

 

 

 

しかし、当日彼は起きられず、家を出ることができませんでした。親も何とかしてやりたいと思い、あらゆる手立てを講じましたが失敗に終わりました。

 

 

 

 

 

行きたかった修学旅行に行けなかった少年は、その後暴れて両親にあたりちらしました。ふがいのない自分に怒りをぶつけているのが親の目にもよくわかりました。

 

 

 

 

 

しばらくして両親が、親子3人の 京都、奈良の3泊の旅行を提案したところ、彼は喜んでOKしました。

 

 

 

 

 

以前なら一も二もなく断られていたところです。さっそく計画を立て、週末に旅に出ました。

 

 

 

 

 

新幹線の中の彼からは、じっと動かずにいたにもかかわらずうれしさが伝わってきました。久々に駅弁を親子3人で食べることができて、親もうれしかったようです。

 

 

 

 

 

京都で一泊したその夜、東京の実家から親せきの不幸を知らせる電話がかかってきました。相談した結果、戻らざるを得ないということになり、次の日の朝 京都を発って東京に帰ってきました。

 

 

 

 

 

両親は、少年には平謝りに謝りました。少年は黙ってうなずきました。1年後の同じ時期、彼が突然家から姿を消しました。

 

 

 

 

 

夕方両親が仕事から戻ってきて気がつきました。家の周りから、行く可能性のあるところすべて捜しましたが、どこにもいませんでした。

 

 

 

 

 

一睡もできずに過ごした翌日、両親は警察に捜索願いを出しました。祈るような気持ちで待ち続けて三日目の夜、電話が鳴りました。

 

 

 

 

 

静岡の警察からでした。「本人はしゃべらないので身元確認が取りにくかったんですが、所持品でわかりましたのでお電話をしました」

 

 

 

 

 

すぐ新幹線で現地に向かい、本と会って親は愕然としました。少年のズボンはぼろぼろで、足も傷だらけ、髪もボサボサで異様な姿でした。

 

 

 

 

 

時間をかけながらゆっくり話を聞いて、両親は2度びっくりしました。

 

 

 

 

 

「修学旅行に行きたかった」

 

 

 

 

 

行きたかったが行けなかった修学旅行、途中で引き返した家族旅行、少年は東京から歩きながら一人で修学旅行をやり直していたのです。

 

 

 

 

この少年に限らず、自分のやり残したことや、失敗したことを何とか取り戻したいと考える子供たちは多いです。

 

 

 

 

 

一度失敗したら、自分の人生は取り返しがつかないと考えて閉じこもってしまう例も多いです。

 

 

 

 

 

「人生にやり直しのきかないことはないよ」。私はいつもこう答えて、「新しい気持ちでスタートしよう」と伝えることを心がけています。

 

 

 

 

 

この少年は、3年後に見事に大学合格を果たし、母親から泣きながらの感謝の電話が私に入りました。

 

 



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援