起立性調節障害と不登校
ホーム > 起立性調節障害と不登校

起立性調節障害と不登校


起立性調節障害とは身体的な要因の自立神経失調症の一種であり「立ちくらみ」「乗り物酔い」「朝礼で倒れる」「朝起きるのが苦手」「頭痛、腹痛」といった症状が現れます。

 

 

 

 

 

発達障害と起立性調節障害が併存すると、不登校になりやすいと言われています。

 

 

 

 

 

もちろん、どちらか一方の症状によって、不登校になっているお子さんもいます。

 

 

 

 

 

多動や衝動的な行動というADHDの症状によって、学校でも先生から怒られ、自尊心が傷つけられ、友達もいなく、楽しいことがなく、さらに自閉症スペクトラムの症状によって引き起こされる自己中心的でマイペースな行動から、もう学校なんか行きたくないと結論づけてしまいます。

 

 

 

 

 

それに起立性調節障害の頭痛と朝起き不良が加わることにより、翌朝目が覚めていても「登校するのが嫌だ、面倒だ」ということになり、結果として不登校になりやすいのです。

 

 

 

 

わたしの知人の医師は、15分間立たせて脈拍、血圧を測る起立テストを補助検査で行い、診断を確定しています。

 

 

 

 

 

ODのチュックリストをもとに診断できれば、薬で治すこともできますし、意識的にスポーツをするなどの予防策を講じて悪化を防げます。

 

 

 

 

 

しかし、起立性調節障害を診断しない小児科医は多いですし、発達障害が併発していると、見逃されやすいのです。

 

 

 

 

 

それとなしに水を向けて検査してもらうのが良いでしょう。

 

 

 

 

 

自立神経失調症と自閉症スペクトラムが原因になっている場合でも起立性調節障害が原因の場合でも、不登校を解消するための治療は可能です。

 

 

 

 

 

2つに共通していえることは、不登校のサインを見逃さないことです。

 

 

 

 

 

不登校の早期発見のサインとしてはいわゆる「登校しぶり」という状態があります。

 

 

 

 

 

読んで字のごとく、学校に行くのを必要以上に嫌がる症状です。早いお子さんは保育園や幼稚園の頃から現れ始めます。

 

 

 

 

 

その時、親御さんの多くは、「自分の子はただわがままで行きたくないと駄々をこねているのだ」と勘違いしてしまうのですが、自閉症スペクトラムや起立性調節障害が潜んでいることもあるのです。

 

 

 

 

 

経過を注意深く見守り、登校しぶりが続くようであれば、専門医に診てもらうようにしましょう。

 

 

 

 

 

もう一つ大切なことは、不登校のお子さんの目線に立って考えるということです。

 

 

 

 

 

不登校のお子さんと話すと必ずといっていいほどよく聞くセリフがあります。

 

 

 

 

 

それは、「どうして学校に行かなければならないのか」というものです。

 

 

 

 

 

 

お子さんたちの言うことはごもっともです。わたしたちは、知らないうちに学校へ行かされ、行くものだとしつけられてきました。

 

 

 

 

 

基本的な勉強をして将来仕事に結びつけるためとか、クラブ活動などで社会性も高めていくためとか、友達をつくるためとか、そんな説明をされて入学するお子さんはいません。

 

 

 

 

 

みんなが行くから、親に言われたから行くのです。小・中学校ならば義務教育だから行くというだけです。

 

 

 

 

 

親しい友人がいて学校が楽しいものであれば、そのようなこともいちいち考えなくてすむのですが、自閉症スペクトラムのお子さんは、繊細で傷つきやすく、先生や同級生とのコミュニケーションや学校へ行くこと自体に苦痛を感じることも多いため、「なぜ学校に行くのか」という疑問が生じやすいのです。

 

 

 

 

 

そのような疑問を投げかけられた時、わたしは彼らにこう言います。

 

 

 

 

 

「とにかく行きたい時に言ってみればいい、生徒と会うのが嫌なら放課後の5分でもいいし、部活がやりたいなら部活だけでもいいんじゃないかな、そうやっている子もいるよ」

 

 

 

 

 

他人と少しでも触れ合うこと、学校の空気を少しでも吸うことで、学校にも楽しいことがあることを、わかってほしいのです。

 

 

 

 

 

わたしの経験として、実際に放課後や部活だけしか行っていないお子さんもいることを話すことによって、彼らが持っている学校に行くというハードルを下げてあげるのです。

 

 

 

 

 

まずは、学校への恐怖心を取り除いてあげるのです。そこからAさんのように、徐々に慣らしていけばいいのです。

 

 

 

 

 

また、小・中学校、高校と周りの人たちと同じように勉強するだけが選択肢ではないということも知っておいてください。

 

 

 

 

 

デンマークには自閉症専門の学校まで用意されていますが、日本では残念ながら発達障害のお子さんを専門に教育してくれる学校がまだ整備されていません。

 

 

 

 

 

国や自治体、教育委員会といったところも含めてまだまだ改革が必要ですが、少なからず進路の選択はできるようになりました。

 

 

 

 

 

最近、教室に馴染めないお子さんのために、別室で算数と国語の授業を少人数で受けることのできる特別支援学級が、多くの小・中学校で設置されようになっています。

 

 

 

 

 

障害を持った人たちが、小・中学校、高校に準じた教育を受けられるための特別支援学校というのもありますし、高校になれば、好きな時間に行って3年間で74単位を取れば卒業資格のもらえるフレックススクールや、主に家庭で学習する通信制など、いろいろなケースに合わせて学校が選べます。

 

 

 

 

 

このように選択の幅はあるのですが、親世代に馴染みがないこともあり「うちの子は他の子と同じように一般的な(普通の)学校に行かせる」と親御さん自身が頑なになっているケースも少なくありません。

 

 

 

 

 

もちろんそれも選択肢の1つかもしれませんが、一般的な学校は発達障害に関する理解が乏しく、せっかく入学したとしても十分な支援や配慮がなされないまま不登校になってしまうケースも多いのです。

 

 

 

 

 

そうであるならば、より発達障害のお子さんに理解がある特別支援学校などで社会性を身につけさせ、就職へつなげるという手もあります。

 

 

 

 

 

実際、最終的には特別支援学校へ行ったほうが就職しやすかったということも多いようです。

 

 

 

 

 

一般的な学校であろうと、特別支援学校であろうと、大切なのは「環境」です。

 

 

 

 

 

わたしの知っている自閉症スペクトラムと診断された男のお子さんで、幼稚園、小・中学校と、地元の公立に通っていた方がいました。

 

 

 

 

 

知的な発達に関して優れたところがあるというわけではなかったのですが、いい担任、園長、校長、さらにいい同級生にめぐり合えたため、何の問題、いじめ、トラブルもなく地元の中学校を卒業しました。

 

 

 

 

 

特に医療は定期的には受診せず、投薬治療もされていませんでした。就学前まで言語教室には通っていたようです。

 

 

 

 

 

親御さんは、高校は社会性も身につくと考え、特別支援学校に通わせることにしました。

 

 

 

 

 

特別支援学校高等部では優秀な生徒さんで、大きな問題もなく卒業し、彼は国立大学法人の事務職に就職しました。

 

 

 

 

 

学校でも今までなかったことであり、国立大学側でも初めての採用ということで、サポート体制に力を入れてくれるようです。

 

 

 

 

 

そのお子さんのように、担任と園長・校長、そして周りの仲間が発達障害に理解のあるすばらしい教育環境にめぐり合えれば、いじめなどで自尊心を落とすこともなく成長できます。

 

 

 

 

 

親御さんの基準ではなく、お子さんが今どのような状態でどのようなことをできるのか、そして何がお子さんのためになるのかという基準で進路を考え、導いてあげてください。

 

 

 

 

 

それが、不登校への予防、お子さんの未来へとつながっていきます。

 

 

 

メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-439-4355
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援