実録・ひきこもりと家庭内暴力
ホーム > 実録・ひきこもりと家庭内暴力

実録・ひきこもりと家庭内暴力


関東自立就労支援センターで実際に関わったひきこもり・家庭内暴力の事例をご紹介します。

 

 

 

 

聡史さんのひきこもりが始まったのは、18歳のころです。しかし彼にとっての最初のつまずきは、中学3年のころからすでに起こっていました。

 

 

 

 

中学3年の1学期までは、彼は順風満帆な学園生活を送っていました。勉強はクラスで1番、所属する合唱部は全県でトップで、毎日が充実していたといいます。

 

 

 

 

それがクラブを引退したころから、少しずつ変わっていきました。部活動がなくなったとたん、彼は学校に「自分の居場所」「心のよりどころ」がなくなってしまったのです。

 

 

 

 

毎日練習に励んでいたクラブはもうありません。だけど自分のクラスはとても荒れていて、まじめに勉強する子は、自分を含めてたった2人しかいません。

 

 

 

 

そんな不安定な毎日に、彼は急に直面することになったのです。そんなときに目に入ってきたのは、派手なクラスメイトたちの姿でした。

 

 

 

 

夜中に家を抜け出して、たまり場となっている友だちの家に集まっています。制服を改造して、不良っぽい格好をしている・・・・そんな姿を見ながら、聡史さんは自由奔放な彼らへの憧れを募らせていったのです。

 

 

 

 

しかし、そんな憧れはあるものの、(若いときは、誰もがそういうところがあるものです)内気でまじめな聡史さんは、自分から彼らに声をかけることはありませんでした。

 

 

 

 

無論、優等生の聡史さんを彼らが誘うこともありません。今度はその狭間で、彼は悩みはじめたのです。

 

 

 

 

「俺は二重人格だ!」学校ではおとなしく教師からも一目置かれる存在の聡史さんは、帰宅するとそう言って、部屋の壁をドンドンたたくようになっていったのです。

 

 

 

 

ある日の夕方のことです。聡史さんは勇気を振り絞って、母親に頼みごとをしに行きました。

 

 

 

 

「制服のズボンのタックを増やしてほしい。まじめなのはいやなんだ」ずっとクラスメイトの姿を見てきた聡史さんは、せめてズボンだけでも、と思ったのでしょう。

 

 

 

 

それまで、親の言うことに逆らったことのないようないい子です。親にそうやって何かをお願いするのも、これまであまりなかったことでした。

 

 

 

 

「そんなこと、駄目よ」だけど母親は、そんな彼の願いをあっさりと断ってしまったのです。

 

 

 

 

しかしだからといって、母親を責めることはできないでしょう。なぜなら、父親・母親ともに学校の教師だったことに加え、とくに父親は、聡史さんの学校のPTA役員をしていたからです。

 

 

 

 

父親がPTA役員をしているのに、同じ学校に通う息子に変な格好をさせるわけにはいかないというわけです。

 

 

 

 

その気持ちもわかりますから、母親を一概に責めるわけにもいきません。しかし、この「自分は教師の子、PTA役員の子だ」という意識は、それまでもずっと彼を悩まし続けてきたものでした。

 

 

 

 

自分は教師の子であり、PTA役員の子だ、だから、いつもきちんとしていなければならない・・・・そんな意識が、聡史さんの心のなかにはずっとありました。

 

 

 

 

それが、彼の若者らしい欲求を押さえつけ、苦しめてきたのです。

 

 

 

 

何もかも忘れて打ち込めた部活動があったときは、まだよかったのです。それを忘れることができたからです。

 

 

 

 

しかし部活動を引退してそれがなくなったとき、ずっと自分を苦しめてきた葛藤が、また顕在化してきたのです。

 

 

 

 

中学3年の2学期からは、家にいるときもため息をつき、うずくまることが多くなっていました。

 

 

 

 

成績も落ちる一方で、三者面談では志望校をワンランク下げることをすすめられていました。

 

 

 

 

そんな状況でも、彼はまだ、「教師の子、PTA役員の子」という意識を捨てられずにいたのです。

 

 

 

 

「いつも自分は、きちんとしていなければならない」そんな気持ちから、毎日学校には無理をしてでも遅刻せずに通っていました。

 

 

 

 

このころには学校にいると、タオルが濡れるくらいに、手のひらにびっしょりと汗をかくようになっていたにもかかわらずです。

 

 

 

 

身体が発するSOSを、彼は無視しつづけてしまったのです。そして彼は、高校受験でつまずきました。

 

 

 

 

第一希望の公立高校には落ち、すべりどめの私立高校には合格しましたが、「あんな学校には行きたくない」と、入学式にも出席せずにやめてしまいました。

 

 

 

 

「1年遅れでもいいから、高校へ行こうよ」両親は必死に勧めましたが、聡史さんはすっかり反抗的になっていて聞きません。

 

 

 

 

逆に、「高校へ行かないと、人生うまくいかないのか!」と言い出す始末です。

 

 

 

 

「お前の学歴は中卒だぞ!それでいいのか」そう口にする父親に対しても、「俺は、こう腕一本で生きてみせる!」と、大見得を切りました。

 

 

 

 

実際、そう言った手前もあってか、彼はほどなく自分で専門学校を見つけてきました。しかしそこも半年足らずで中退してしまいました。

 

 

 

 

もともとまじめで融通のきかない性格です。それが専門学校の派手な雰囲気にあわなかったのでしょう。

 

 

 

 

逆に、ほかの生徒からは嘲笑の対象にされ、いじめにもあっていました。その後、今度は農園の住み込みの仕事につきました。

 

 

 

 

だけど仕事が思った以上にきつく、また1年で家に逆戻りすることになりました。聡史さんはそのとき、17歳になっていました。

 

 

 

 

彼は自分の年齢に、少し焦りを感じ始めていたのでしょう。住み込みの仕事もうまくいかず自宅に戻ってきたとき、「就職しよう」と、今度はハローワークに通いだしたのです。

 

 

 

 

だけど、中卒の学歴に加えて、もともと内弁慶な性格です。適当な仕事は、なかなか見つかりませんでした。

 

 

 

 

半年ほどそんなことを繰り返し、心身ともにくたびれたようです。ハローワークに行く足もだんだん遠くなり、しまいにはカーテンをぴっちり閉じて、自分の部屋から一歩も出てこなくなりました。

 

 

 

 

彼のひきこもりは、こうして始まってしまったのです。それから6ヶ月経った、ある日のことです。

 

 

 

 

いつものように夕食後、聡史さんの部屋でお母さんが愚痴を聞いていると、彼の声がだんだん荒くなり、興奮してくるのがわかりました。

 

 

 

 

話は、専門学校時代に、頭の形のことで同級生から馬鹿にされたことに及んでいました。

 

 

 

 

「どうして俺が、あんな不真面目なやつらに馬鹿にされなきゃならないんだ!」

 

 

 

 

「俺の悔しさがわかるか?」

 

 

 

 

「あれから俺の人生は真っ暗になったんだ!」

 

 

 

 

聡史さんはそう言うと、母親に詰め寄りました。そして次の瞬間です。「俺がこうなったのは、お前がこんないびつな頭にしたからだ!」

 

 

 

 

そう叫んだ聡史さんは、突然、母親の髪の毛をわしづかみにすると、床に頭を叩きつけたのです。

 

 

 

 

それから、床に押しつけた頭の上に足をのせ、母親の頭をぐいぐいと何度も踏みつけました。

 

 

 

 

お母さんは、あまりに突然のことで動転してしまい、ただ呆然と涙を流しながら事態を受け止めるしかありませんでした。

 

 

 

 

「優しかったあの子が、なぜこんなことをするのか・・・・・本当に、ただ悲しかったんです」

 

 

 

 

お母さんは当時の心境を思い出し、そう率直に語ってくれました。聡史さんの暴力は、こうしてはじまりました。

 

 

 

 

聡史さんは毎日、母親を自分の部屋に呼びつけたといいます。「来いよ!」夕食時になると、二階から乱暴な声が聞こえてきます。

 

 

 

 

お母さんは、聡史さんの部屋に食事を運ぶとその後しばらく一緒にテレビを見たり、話をしたり、彼につき合わされます。

 

 

 

 

彼のおしゃべりが止まらずに、朝の3時、4時まで眠らせてもらえないこともありました。

 

 

 

 

翌日は、早朝から学校へ仕事に行かなければならないにもかかわらずです。やがて、お母さんの日課に新聞のテレビ欄に目を通すことが加わりました。

 

 

 

 

夕食後のテレビタイムに息子の好きな番組があると、お母さんはホッとしたといいます。

 

 

 

 

一緒にテレビを見ていても、好きな番組があると、そのときには何も起きないからです。

 

 

 

 

「今日は駄目だ。やられるかもしれない」テレビ欄に息子の気に入るような番組が見当たらない日、お母さんはそう思って絶望的な気持ちになったといいます。

 

 

 

 

そんな日は、彼の部屋に入る時から緊張しています。聡史さんといつもより離れて、なるべくドアに近い場所に座るようにするのです。

 

 

 

 

「面白くねーなー」やがて、テレビを見始めた聡史さんはそう言うと、いつも決まって手を頭の後ろにやって頭をなで始めます。

 

 

 

 

このしぐさが、彼が頭のことで母親を責め始める合図なのです。「ああ、面白くねえ、面白くねえ。この頭がすべて悪いんだよなあー」

 

 

 

 

「誰のせいで、こうなったと思ってるんだ?」テレビで憂さを晴らせなかった聡史さんは、代わりにねちねちと母親に言葉でからみ始めます。

 

 

 

 

それに対して母親が怖がって黙っていると、「なんで黙っているんだ!」と怒鳴られ、頭を殴る蹴るの暴力が始まります。

 

 

 

 

「お母さんが悪かったね。ごめんね」そうやんわりと返しても、結果は同じです。「そうだよ!お前せいだよ!」

 

 

 

 

と、やはり聡史さんは暴力を振るってきます。いったん暴力が始まると、もうどうにも手のつけようがありません。

 

 

 

 

母親にできることは、少しでも暴力をかわすことができるよう、逃げやすい場所に座っていることくらいでした。

 

 

 

 

母親の毎日は、テレビ欄を見て心の準備をすることからはじまったといいます。息子の顔色をうかがって、びくびくと暮らさざるを得ない毎日が続きます。

 

 

 

 

暴力をふるわれない日でも、いつ、どんな言動に息子がキレるかと思うと、気が休まりません。

 

 

 

 

そんな日が、10年間も続いたのです。このような日々を重ねるなかで、聡史さんの暴力はどんどんエスカレートしていきました。

 

 

 

 

「親父に言うんじゃないぞ」

 

 

 

 

「絶対に声を出すなよ」

 

 

 

 

そういわれていた母親は、彼にどんなに殴られても、同じ家で寝起きする夫にまともに状況を話しませんでした。

 

 

 

 

父親も、息子の母親に対する暴力には、うすうす感づいていたといいます。ですが、止めに入るとさらに暴力がひどくなると思い、見て見ぬふりをしていました。

 

 

 

 

在職中、父親の背広の胸ポケットには、いつも退職届があったといいます。「これくらいしか、アンタを助ける方法はないから」

 

 

 

 

もしお母さんの命に危険が及びそうになったときには、聡史さんと刺し違える覚悟でした。

 

 

 

 

父親はお母さんに、そうやってその覚悟を打ち明けていたのです。「大の大人である自分と息子が本気で対決すれば、殺すか、殺されるしかない」

 

 

 

 

父親は本気でそう思っていました。だから、ぎりぎりまで本気の対決を避けたまま、息子の言いなりになっていたのです。

 

 

 

 

やがて聡史さんが27歳になったとき、父親は定年を迎えました。すると、日中家にいるようになった父親にも、聡史さんの暴力は容赦なく向けられるようになったのです。

 

 

 

 

父親はこのときはじめて、母親が受けていた暴力のすさまじさを身をもって知りました。

 

 

 

 

「声を出すな」近所に知られないように気遣いながら、聡史さんは父親のわき腹を殴ったり、背中を蹴り上げたり、激しい暴力をふるいました。

 

 

 

 

また、父親の大切にしていた先祖伝来の神棚を叩き壊し、電子レンジや冷蔵庫、洗濯機や炊飯器など、あらゆる電化製品を投げつけ、倒し、壊しました。

 

 

 

 

食器はいつも割られてしまうので、必要な分だけ100円ショップで購入するようになっていました。

 

 

 

 

すさまじい暴力で居間は荒れ果て、両親は聡史さんを怒らせないよう、腫れ物に触るように接してきました。

 

 

 

 

そして、どんなに理不尽だとわかっていても、彼の要求をすべて受け入れていったのです。

 

 

 

 

やがて要求はいっそうエスカレートし、暴力はますます歯止めがきかなくなりました。

 

 

 

 

聡史さんには週に一度必ず、家族そろって車でスーパーマーケットに行き、雑誌コーナーで立ち読みをする習慣がありました。

 

 

 

 

その間、夫婦は買い物をするのです。ある日のことです。買い物に行く前に聡史さんは、お母さんの頭をバリカンで刈り、頭のてっぺんだけを鶏冠のように残したモヒカン頭にしてしまったのです。

 

 

 

 

それに加えて、片方の眉まで完全にそり落としてしまいました。聡史さんの母親は学校の先生です。

 

 

 

 

教師というのは、終始、生徒や保護者に見られる仕事です。そんな人間にとって、身だしなみというのはとりわけ大切なものです。

 

 

 

 

そのお母さんの頭を、ロック歌手のようなモヒカン刈りにしてしまったのです。そして男性でも耐えられないような片眉にしてしまいました。

 

 

 

 

お母さんはどれほど恥ずかしく、屈辱的な思いをしたことでしょう。聡史さんの暴力は10年という時間をかけて、「身体的な暴力」から「心の暴力」へとだんだん移っていったのです。

 

 

 

 

もちろん、「殴る蹴る」はいつもありました。それはそれで絶えずありました。ただ、聡史さんの暴力が、たんに暴れるのではなく、しだいに親の嫌がることをするようになっていったのです。

 

 

 

 

親が大切にしているものを壊す、親に恥ずかしい思いをさせる、親に理不尽な要求をして自由を奪って拘束する・・・・。

 

 

 

 

結局、聡史さんのお母さんは、モヒカン頭と片眉のまま、スーパーで買い物をさせられることになりました。

 

 

 

 

帽子をかぶることなど、もちろん許されません。「なぜ、これほどまでに辱められなくてはならないのか」

 

 

 

 

お母さんは耐えられなくなり、こっそりトイレに駆け込みました。そして隠し持っていた化粧道具で眉を描いて、カバンに忍ばせていた帽子を被りました。

 

 

 

 

そうやって、息子に見つからないよう、買い物を済ませたのです。しかし、買い物が終わって車に戻る前に、帽子は元通りにしまったものの、眉を消すのを忘れてしまいました。

 

 

 

 

それで、聡史さんにばれてしまったのです。「なぜ、言うとおりにしなかったんだ!」

 

 

 

 

彼はその日、お母さんをいっそう激しく、いつまでも、いつまでも殴り続けました。

 

 

 

 

「あんなに優しかったあの子が、なぜこんなことを・・・・」「きっと、わたしの育て方が悪かったに違いない・・・・」

 

 

 

 

聡史さんのお母さんは、これほどの屈辱を受けながらも、毎日そうやって自分を責め続けていました。

 

 

 

 

あれだけの暴力を受けながらも、バリカンで頭を二度、丸坊主にされながらも、母親は自分を責めるばかりで、外部には助けを求めなかったのです。

 

 

 

 

「もともとは素直ないい子なのだから、家族の力でなんとか立ち直らせたい」そうやって、我慢に我慢を重ねてきました。

 

 

 

 

12年にもわたって、息子の激しい暴力に耐えてきました。その結果、海に身投げするまでの事態に至ってしまったのです。

 

 

メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-439-4355
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援