増え続ける引きこもる人たち~「個性」が「孤性」になる人間関係
ホーム > 増え続ける引きこもる人たち~「個性」が「孤性」になる人間関係

増え続ける引きこもる人たち~「個性」が「孤性」になる人間関係

引きこもりとは、学校、社会、知人、友人そして親からさえも逃避し、人間関係を拒絶することです。

 

 

 

 

それは、他人との関わりやつきあいを苦手とする段階がさらに進み、怖いと感じるところまで追い詰められてしまったものです。

 

 

 

 

しかし、欲求として人間を求めているわけで、そこで苦しむのです。

 

 

 

 

声をかけることができないどころか、声をかけられるのも恐ろしく感じられるようになってしまったとき、子どもたちは引きこもります。

 

 

 

 

現在、引きこもりになる人々は毎年増加しているといわれています。

 

 

 

 

その原因のひとつは、引きこもりを「容認」する環境です。希薄な人間関係の中で生きている子どもたちが、不登校、高校中退などをきっかけに「わずらわしさ」を伴う人間集団から隔絶し、自己の世界に入り込んでしまうことを、なぜか親たちは「その子らしさ」として見過ごしてしまう傾向があります。

 

 

 

 

では、どうしてそういう引きこもりを容認するような環境ができてしまったのでしょうか。

 

 

 

 

あえていえば、親世代の価値観、ライフスタイルにも関係があると思います。ここでは団塊の世代について考えてみたいと思います。

 

 

 

 

この団塊の世代の親たちの子どもが、不登校やひきこもりになったケースが非常に目立ちます(もちろん、この世代の子どもたちの数が他の世代よりも多いということもありますが)。

 

 

 

 

この団塊の世代は、親の引きずってきたわずらわしい人間関係を否定し、親子の関係や近所づきあいにしても、「合理的な人間関係」「個性尊重」を求める傾向が強いです。

 

 

 

 

実際、この世代はベタベタした人間関係を好まず、さばさばしたライフスタイルを好み、ドライなつながりを作り上げてきました。

 

 

 

 

彼らは核家族化や密集化した新興住宅地の中で、他人との関係を最小限にして互いに干渉しないで育ってきた世代なのです。

 

 

 

 

そこで、この世代は建前、しきたりを重んじる田舎の親戚づきあい等を非常にきらう傾向があります。

 

 

 

 

したがって、そんな田舎に帰るのも面倒くさいと感じているくらいです。

 

 

 

 

このように、親自身が人間関係を合理的に拒絶しようとする土台を持っているから、当然自分の子どもが人間関係を拒絶しても物わかりがいいのです。

 

 

 

 

その証拠に部屋にこもって一人でゲームに熱中していても、「自分の好きなこと(個性)をやっているんだから、無理して集団で遊ばせなくてもいいよ」となり、子どもたちのライフスタイルとして確立させてしまったのです。

 

 

 

 

ですが、この一人遊びを過度に受容したことで、引きこもりの深まりを見過ごしていることに気づいてほしいのです。

 

 

 

 

ネットやゲームなどの一人遊びが当たり前のようになっている現在、引きこもりの初期症状を子どもが示しても、親は「あの子のスタイルだから」と思って、見過ごしてしまいがちなのです。

 

 

 

 

確かに現代では、ゲーム等で一人遊びしている子どもに何の不自然さも感じません。

 

 

 

 

むしろ、そのほうが子どもらしいのかもしれない、逆に外で元気に遊んでいる子どもたちのほうが、不自然だととられかねません。

 

 

 

 

すでに、一人遊びのスタイルや習慣が文化としてできあがっており、引きこもりのサインが見えにくい社会になっています。

 

 

 

 

「個性」が「孤性」を生み出す要因が、このあたりに隠されているように思えます。

 

 

 

 

一人遊びのスタイルや習慣が確立する一方で、関わる親にその「落とし穴」がわからなかったことに注目する必要があります。

 

 

 

 

それは、子どもが対人関係を身につけていくための経験、いやもう少し気軽に俗っぽく言えば「訓練」の必要性を見落としていることにほかならないからです。

 

 

 

 

人間関係の基本である付き合いの第一歩は、集団で遊ぶことです。

 

 

 

 

これを軽視して育った子どもは、人間の「情」的な世界が欠落し、人と「触れ合う」ことが希薄となります。

 

 

 

 

残念なことに今の子どもたちは、地域の中で人と触れ合う環境が圧倒的に少なすぎて、対人関係の基本を学び、「訓練」することができないのです。

 

 

 

 

祖父母や親たちが育ってきた環境とは大きく異なって、すでに今の子どもたちの置かれた環境というのは、自然に人間関係が身につく時代ではなく「学ぶ」時代に突入していると思われます。

 

 

 

 

にもかかわらず、親は人間関係をあまりにも合理化しすぎた姿を子どもたちに相続させてはいないでしょうか。

 

 

 

 

親の世代は幼い頃に「人間関係の基礎工事」がなされているので、いくら合理化しても、いざとなれば人との関係を作れるのでしょうが、その子どもたちは親から教えられたり学んだりする機会を与えられてこなかったので、基礎工事がなされていないのです。

 

 

 

 

ですから、いざとなっても人とのかかわりができないのです。

 

 

 

 

引きこもりを招く土壌には、このような親のライフスタイルがあることも見逃せません。

 

 

 

 

わたしのこれまでの経験から言っても、外部との関係が希薄で、集団関係における「間」を学ぶ機会を持たないまま成長してしまった子どもほど、引きこもりの状態に入りやすいように感じます。

 

 

 

 

他人との「間」が、子どもにとっては「魔」になってしまうのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-439-4355
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援