厚生労働省によるニート状態にある若者に対するアンケート調査結果(概要)。
ホーム > 厚生労働省によるニート状態にある若者に対するアンケート調査結果(概要)。

厚生労働省によるニート状態にある若者に対するアンケート調査結果(概要)。

 
 

○ニートの状態にある若者の出身家庭は非常に幅広い。ここで調査されたニートの状態にある若者の出身家庭は非常に幅広く、あらゆる経済状況の出身者がいると考えられる。「あなたの家の暮らし向き」は「ふつう」47,1%「やや苦しい」28,0%「やや余裕がある」10,8%「非常に苦しい」8,9%「余裕がある」3,3%であった。

 

 

 

 

 

 

○学校教育段階で躓きを経験している者が多い。 進学率は同世代の水準からみて特に低いとはいえないが、高校、大学、短大、専門学校の各段階での中退者は、合わせると3割を超え、在学中の1ヶ月以上の長期欠席経験者も高校で16,6%、大学、短大で25,8%いる。そして全体の37,1%が不登校を経験している。

 

 

 

 

 

 

○8割近くが何らかの職業経験を持っているが、熟練を要しない仕事の経験者が多い。 これまでに「連続1ヶ月以上就労した経験」のある者は79,0%。その就労経験回数は平均2,6回である。経験した職種は、「サービス職」「生産労務職」「営業販売職」が多く、その雇用形態はアルバイトであることが多い。(のべ雇用経験の64,4%)。全体としては、熟練を要しないアルバイト就労が目立つ。なお、1週間未満の就労経験は、全体の44,1%に見られた。

 

 

 

 

 

 

○学校でのいじめ、ひきこもり、精神科、心療内科の受診経験のある者が約半数。 11の項目を挙げてこれまでの生活経験をたずねた。半数以上が経験していたのは、「ハローワークに行った」75,8%、「面接を受けるために会社に電話した」68,2%、「就職の面接を受けた」64,8%「学校でいじめられた」55,0%、「自分から会社をやめた」55,0%。また、全体の半数弱が「ひきこもり」49,5%「精神科または心療内科での治療を受けた」49,5%、経験があることがわかった。なお、精神科または心療内科での治療は、もともとメンタル面の問題があってニート状態になったケースと、ニート状態になったことがメンタル面の問題につながっているケースの両方があると思われる。PAK77_toukyounobill20140823a500_TP_V1

 

 

 

 

 

 

○対面コミュニケーションの苦手意識が目立つ。 一般的に就労に必要と思われる基礎的スキル6項目について苦手意識があるかを尋ねた。「人と話すのが不得意」が64,4%と突出しており、対面コミュニケーションの苦手意識が目立つ。26項目を挙げて就労に必要な生活行動の苦手意識を尋ねると、「面接に通る」75,1%「面接で質問に答える」64,8%「職場で友達を作る」64,6%「上司から信頼される」64,1%といった項目の苦手意識が目立つ。一般的な対人関係を含め、コミュニケーションの苦手意識は今回調査されたニートにかなり広く共通する特性である。コミュニケーションの苦手意識が不登校、いじめ、ひきこもり、職場の人間関係のトラブルといったネガテイブな体験につながり、苦手意識がさらに増幅されて就労が困難な状況に追い込まれたケースが多いと思われる。また、「仕事を覚える」57,2%、「仕事で失敗を繰り返さない」59,8%、「教えてもらわなくても周囲のやり方を見て覚える」60,2%等仕事に関して苦手意識を持つ者も多い。

 

 

 

 

 

 

○ニート状態にあることに精神的な負担。 29項目を挙げて、一般的な生活意識、生活価値観を尋ねた。肯定的反応が80%を超える項目は、「仕事をしていないとうしろめたい」82,8%、「社会や人から感謝される仕事がしたい」82,5%「仕事をしていくうえで、人間関係に不安を感じる」80,9%。「どこでも通用する専門技能を身につけたい」80,4%であった。80%前後がニート状態であることを「うしろめたい」「世間体が悪い」と感じており、ニート状態であることが、精神的な負担になっていることがうかがえる。

 

 

 

 

 

 

○将来への希望、対人関係、仕事への期待に消極的意識。 生活意識、生活価値観に関わる29項目中23項目について2006年4月の新入社員の調査と比較した。差が大きかった項目は、「職場の同僚、上司、部下などとは、勤務時間以外はつきあいたくない」「仕事はお金を稼ぐための手段であって、おもしろいものではない」(以上新入社員より多かった項目)、「自分はいい時代に生まれた」「世の中は、いろいろな面で今よりもよくなっていくだろう」「明るい気持ちで積極的に行動すれば、たいていのことは達成できる」(以上新入社員より少なかった項目)。新入社員との比較においてニートの状態にある若者の意識面の特性は、「将来に希望がもてない」「対人関係の苦手意識」「仕事に多くを期待しない」ことに要約される。

 

メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-439-4355
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援