不登校・ひきこもり・ニートに関連する障害~ADHD~
ホーム > 不登校・ひきこもり・ニートに関連する障害~ADHD~

不登校・ひきこもり・ニートに関連する障害~ADHD~

ADHDはAttention-Deficit/Hyperactivity Disorderの略で、日本語では注意欠如・多動症といいます。

 

 

 

 

不注意や多動性、衝動性を特徴とする発達障害で、生活にさまざまな困難をきたす状態をいいます。

 

 

 

 

「不注意」は集中して話が聞けない、お金の管理ができない、忘れっぽいなど、「多動性」はよくしゃべる、体の一部を動かすなど、「衝動性」は思いつきをすぐ言動にうつすなどのかたちであらわれます。

 

 

 

 

こういったことは誰にでもあることですが、これらの問題の程度が非常に強い、あるいは頻度が並外れて高いなどで生活上大きな支障があると判断される場合に、ADHDと診断されます。

 

 

 

 

ADHDの症状は、大人になってから初めて出現するものではありません。ADHDと診断される方はこうした症状に子どもの頃からずっと悩まされています。

 

 

 

 

多くの方はご自分なりの工夫や対策を考えて努力していますが、それにもかかわらずなかなか状況が改善されません。

 

 

 

 

そのため、自分自身を責めたり、本人が怠けている、悪気があってやっている、あるいは親の育て方のせいといった非難や誤解にさらされたり、つらい状況に置かれがちです。

 

 

 

 

しかし、こうした問題は、本人の努力不足や家族のせいではなく、脳内の神経伝達物資の機能が不足していることが原因のひとつであると考えられます。

 

 

 

 

ADHDの特性を正しく理解し、適切に対応することで、これまで悩んでいたさまざまな問題を改善することができます。

 

 

 

 

ADHDは発達障害のひとつです。現在広く用いられている診断基準では、12歳になる前からその症状がみられるものとされています。

 

 

 

 

これまで、ADHDの症状は、年齢を重ねると治まる傾向にあるとされてきましたが、最近の研究では、約60%の人で成人期にも症状が残るといわれています。

 

 

 

 

もちろん個人差はありますが、大人のADHDは、子どものころと比べて多動性が弱まり、不注意が目立つ傾向にあるようです。

 

 

 

 

ADHDの症状の変化

 

 

 

 

多動性(子どもの症状)

〇座っているときに落ち着いて座っていることが難しい。

〇遊びや余暇活動におとなしく参加することが難しい。

〇過度におしゃべりをする。

 

 

多動性(大人の症状)

〇落ち着かない感じ。

〇貧乏ゆすりなど目的のない動き。

 

 

 

 

衝動性(子どもの症状)

〇質問が終わらないうちに出し抜けに答えてしまう。

〇順番を待つのが難しい。

〇他の人がしていることをさえぎったり、邪魔したりしてしまう。

 

衝動性(大人の症状)

〇思ったことをすぐに口に出してしまう。

〇衝動買いをしてしまう。

 

 

 

 

不注意(子どもの症状)

〇勉強などで不注意な間違いをする。

〇課題や遊びの活動で注意を集中し続けることが難しい。

〇興味のあることには、集中しすぎてしまい、切り替えが難しい。

〇話を聞いていないようにみえる。

〇課題や活動を順序だてて行うことが難しい。

〇同じことを繰り返すことが苦手。

〇必要なものをなくしてしまう、忘れっぽい。

〇注意が長続きせず、気が散りやすい。

 

不注意(大人の症状)

〇仕事などでケアレスミスをする。

〇忘れ物、なくし物が多い。

〇約束や期日を守れない、間に合わない。

〇時間の管理が苦手。

〇仕事や作業を順序だてて行うことが苦手。

〇片付けるのが苦手。

 

 

 

 

特にお困りの症状があれば、上記のような言葉で医師に説明すると伝わりやすいでしょう。

 

 

 

 

ただ、こうした症状がある人がすべてADHDというわけではありません。ADHDに似た症状を示す障害は他にもあるため、最終的な診断を下すためには、他の障害や病気ではないことを確認する必要があります。

 

 

 

 

また、ADHDに他の障害や病気が合併していると、ADHDの症状が見極めにくくなったり、治療効果や将来に影響を及ぼしたりする可能性があるため、合併症の有無も適切に診断する必要があります。

 

 

 

 

ADHDの症状は、個人によっても違いますし、環境によってもあらわれかたが異なります。

 

 

 

 

「どうして自分はこうなのかな?」と思っていたことは、実はADHDの症状が原因かもしれません。

 

 

 

 

ここでは、日常生活の場面ごとにおける、ADHDの症状のあらわれかたの例を紹介します。

 

 

 

 

シーン1   学校や職場で

 

 

 

 

主に多動性が原因となって起こりやすいこと

 

〇会議中あるいは仕事中(授業中あるいは勉強中)に落ち着かず、そわそわしてしまう。

 

〇貧乏ゆすりや机を指先で叩くなどの癖がやめられない。

 

 

 

 

主に衝動性が原因となって起こりたやすいこと

 

〇会議中(授業中)に不用意な発言をしてしまう。

 

〇思ったことをすぐに言動に移してしまう。

 

 

 

 

主に不注意が原因となって起こりやすいこと

 

〇会議や仕事(授業や勉強)に集中できない。

 

〇仕事(課題)に必要なものをなくしてしまう、忘れる。

 

〇仕事(課題)に締め切りに間に合わない。

 

〇仕事(課題)を最後まで終えることが難しい。

 

〇仕事(課題)でケアレスミスがよく見られる。

 

 

 

 

シーン2  家庭で

 

 

 

 

主に多動性が原因となって起こりやすいこと

 

〇家事をしているときに、別のことに気をとられやすい。

 

〇おしゃべりに夢中になって、家事のことを忘れてしまう。

 

 

 

 

主に衝動性が原因となって起こりやすいこと

 

〇衝動買いをしてしまう。

 

〇言いたいことを我慢してイライラしてしまう。

 

 

 

 

主に不注意が原因となって起こりやすいこと

 

〇部屋が片付けられない。

 

〇外出の準備がいつも間に合わない。

 

〇家事を効率よくこなせない。

 

〇お金の管理が苦手である。

 

 

 

 

シーン3   人間関係

 

 

 

 

主に多動性が原因となって起こりやすいこと

 

〇おしゃべりを始めると止まらない。

 

〇自分のことばかりしゃべってしまう。

 

 

 

 

主に衝動性が原因となって起こりやすいこと

 

〇衝動的に、人を傷つけるような発言をしてしまう。

 

〇ささいなことでもつい叱責してしまう。

 

 

 

 

主に不注意が原因となって起こりやすいこと

 

〇約束の時間にいつも間に合わない。

 

〇約束を忘れてしまう。

 

〇人の話を集中して聞けない。

 

 

 

 

ADHDの症状には、自分の注意や行動をコントロールする脳の働き(実行機能)のかたよりが関係していると考えられますが、詳しい原因はまだわかっていません。

 

 

 

 

実行機能は前頭前野とよばれる大脳の前側の部分で調整されます。ADHDのかたは、前頭前野を含む脳の働きに偏りがあると考えられています。

 

 

 

 

神経伝達物資の働き

 

 

 

 

外で受け取った刺激の情報は、神経を通してさまざまなところから入ってくる情報を統合・判断し、何をするかの指令を出します。

 

 

 

 

脳から出される指令の情報は、神経を通って体に伝わります。神経系は神経細胞がいくつもつながって構成されており、神経細胞と神経細胞の間にはすき間があります。

 

 

 

 

途切れることなく情報を伝えるために、このすき間(スナプス間隙)で働いているのが、神経伝達物資です。

 

 

 

 

脳の中にはノルアドレナリン、ドパミンなどは、隣の神経細胞の神経伝達物資受容体に結合し、情報を伝達します。

 

 

 

 

また、脳の神経伝達物資(脳内の神経細胞の間で情報をやりとりする物質)であるドパミンやノルアドレナリンの働きがADHDの方は不足気味であることがわかっています。

 

 

 

 

これらの神経伝達物資の機能が充分に発揮されないために、ADHDの症状である不注意や多動性があらわれるのではないかと考えられています。

 

 

 

 

最近では、神経伝達物資のトランスポーターに働きかけて、ノルアドレナリンやドパミンの再取り込みを抑えるお薬が登場しています。

 

 

 

 

受容体に結合しなかった神経伝達物資は、トランスポーターと呼ばれる取り込み口から元の神経細胞に再び取り込まれます。(再取り込み)

 

 

 

 

ADHDでは、トランスポーターが過剰に働き、ノルアドレナリンやドパミンなどの神経伝達物資を再取り込みしすぎてしまう可能性が考えられています。

 

 

 

 

治療の重要性

 

 

 

 

ADHDの特徴を持つ人は、複数の異なる生活環境のさまざまな場面で、日々困難を感じることが多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

それが積み重なると、精神的にも辛い状況になり、他の精神疾患を併発するなど、二次的な問題につながる可能性も出てきます。

 

 

 

 

ですから、適切なサポートや治療が必要です。

 

 

 

 

ADHD治療の目標

 

〇職場や学校、家庭での悪循環が好転し、自信を持って自分の特性と折り合えること。

 

〇それによって、充実した社会生活が送れるようになること。

 

ADHDの特性である不注意、多動性、衝動性をなくすことだけが治療の目的ではありません。

 

 

 

 

治療するうえでの大事なポイント

 

〇自分の生活の中の困難を理解し、対処方法を身につけていくこと。

 

〇周囲によき理解者、サポーターを得ること。

 

治療を始めても、すぐには変化を感じることができないかもそれませんが、徐々に症状が改善し、悪循環がなくなり、よいサイクルがまわりはじめると、少しずつ成功体験を積み重ねることが増えていきます。

 

 

 

 

治療の全体像

 

 

 

 

〇評価・診断

いちばんたいせつな部分ですので、子どものころのことや現在の問題について十分に医師に伝えてください。

 

 

 

 

この評価や診断が、その後のすべての基礎となります。

 

 

 

 

〇治療の開始

ADHDはあなたの特性とも捉えることができますが、その特性のためにご自身や周りの人が困難を感じている場合には、その特性と周囲の環境とのバランスを改善するために治療を行います。

 

 

 

 

治療は、環境調整などの心理社会的治療からはじめます。

 

 

 

 

〇薬による治療の開始

心理社会的治療の効果や、周囲との状況から判断し、必要であれば薬による治療を組み合わせていきます。

 

 

 

 

〇維持期間(治療の継続)

治療の継続によって、日々の生活の中で改善している点を感じることが増えていくでしょう。

 

 

 

 

それはあなたの努力による結果です。ご自分の変化を自覚し、自信につなげてください。

 

 

 

 

〇治療の再検討

職場や学校、家庭で困っていた状態が好転し、それが十分な期間維持できたら、今後の治療の必要性を再検討します。

 

 

 

 

薬の中断はタイミングも重要ですので、あせらずに十分な期間をとり、服用を中止するときは、必ず医師と相談して決めましょう。

 

 

 

 

〇目標の達成/治療終了、経過観察

しばらく様子を見て、ご自身で生活を組み立てる自信がつき、周囲と折り合いをつけることができるようになれば、治療は終了となります。

 

 

 

 

環境や状況の著しい変化などにより症状コントロールが困難になるような場合は、再び治療が必要になることもあります。

 

 

 

 

必要なときに必要な支援を受けられることが大切です。

 

 

 

 

環境調整

 

 

 

 

ADHDの治療には、環境調整・心理社会的支援と薬物療法があります。環境調整とは、ADHD特性を補うように環境を整えたり、家族や職場との協力体制を築いたりすることです。

 

 

 

 

下記に、環境調整の具体例を紹介します。

 

 

 

 

環境調整の具体例

一度にすべてを改善しようとせず、できそうことから1~2個選んで、一定期間取り組みましょう。

 

 

 

 

職場や学校で用事を先送りにしてしまいがちな人

 

複数の作業や仕事がある場合に、どの作業もこなそうと思うと、どれも中途半端になってしまいます。

 

 

 

 

あれもこれもと無理をせずに、1つひとつ仕上げていきましょう。目先のことに気をとられやすい人は、作業の同時進行をなるべく避けるようにしてみましょう。

 

 

 

 

まずは・・・・・作業を小分けにし、1つずつこなしてみましょう。うまくいかないときは、

 

 

 

 

〇作業を小分けにしたあと、優先順位を書き出す。

 

 

 

 

〇作業内容だけでなく、作業スペースも区切る。

 

 

 

 

〇よほど急ぎの仕事がない限り、言われた順に仕上げる。

 

 

 

 

職場や学校で忘れ物が多い人

 

持ち物や予定を事前に確認しても、忘れ物がなくならないという人は、確認する機会を増やしましょう。

 

 

 

 

見落としにくい場所や方法を考えて、自分にあった確認法を探します。持ち物をすべて玄関に置くことで、忘れ物を減らすことができたという人もいます。

 

 

 

 

まずは・・・・・必要なものは玄関やドアの前などの通り道に置いてみましょう。うまくいかないときは、

 

 

 

 

〇仕事の初めと終わりに、状況を整理する時間をとる。

 

 

 

 

〇職場からの持ち出しを減らす(仕事に必要な筆記用具や手帳は置いてくるなど)

 

 

 

 

〇忘れたときの対策として、身近な人に予備の書類を渡しておく。

 

 

 

 

職場や学校で失言が多い人

 

思いついたことを人に伝えたいと思うのは、悪いことではありません。ただし、内容やタイミングによっては、考えなしに発言しているように受け取られ、ひんしゅくを買うこともあります。

 

 

 

 

まずは思いついたことをメモにとり、内容を見直す機会をもうけましょう。

 

 

 

 

まずは・・・・頭に浮かんだことをメモにとりましょう。うまくいかないときは、

 

 

 

 

〇発言以外の原因も考える(仕草を見直すなど)。

 

 

 

 

〇10秒考えて、考え直してから発言する。

 

 

 

 

〇会議などの場合は、事前に発言内容をある程度決めておく。

 

 

 

 

〇発言する前に手をあげて、「ちょっといいですか」などひと言付け加える。

 

 

 

 

職場や学校で約束や期日が守れない人

 

締め切りを守るためには、予定を具体化する方法が有効です。具体化した予定を周囲の人とも共有できれば、さらに効果的でしょう。

 

 

 

 

まずは・・・・・スケジュールをわかりやすい表にし、人目につくところに貼ってみましょう。また、タイマーなどでアラームをかけるようにしましょう。うまくいかないときは、

 

 

 

 

〇スケジュールには自分で思っている以上の余裕を持たせる。

 

 

 

 

〇用事を安請け合いせず、周囲に相談してから返事をする。

 

 

 

 

〇メモやメールで予定を記録、管理する。

 

 

 

 

家庭でなかなか片付けられない人

 

完璧を目指すと、目標がなかなか達成できず、だんだんつらくなってしまいます。

 

 

 

 

完璧主義はやめて、苦手な家事は家族に任せ、得意な家事はがんばるというふうに気持ちを切り替えていきましょう。

 

 

 

 

どうしてもできないことを家族に任せるのは、悪いことではありません。休憩しながら、できることから手をつけていくようにするとよいでしょう。

 

 

 

 

まずは・・・・・完璧を目指さず、できることから手をつけてみましょう。うまくいかないときは、

 

 

 

 

〇終わったら〇〇しよう!と自分を励ます。

 

 

 

 

〇イライラ対策に、一人で落ちつく時間をもうける。

 

 

 

 

〇どうしてもできないことは、思い切って手放す。

 

 

 

 

家庭で衝動買いしやすい人

 

衝動買いを防ぐためには、本人以外の誰かが金銭管理に参加することがもっとも効果的です。

 

 

 

 

家族がお金やカード類を持ち、一緒に買い物に行くことが理想的でしょう。

 

 

 

 

まずは・・・・持ち歩くお金を減らし、買い物をする日を決めましょう。うまくいかないときは、

 

 

 

 

〇高額の品物は、見つけた日には買わず、帰宅して家族と相談したいえで買うかを決める(クレジットカードは持参しない)。

 

 

 

 

〇買い物をする際、必ず家族が支払いを行う。

 

 

 

 

〇欲しいものリストを作り、買えるかどうかを定期的に家族と話し合う。

 

 

 

 

薬物治療

 

 

 

 

ADHDでは神経伝達物資であるノルアドレナリンやドパミンが不足して、情報伝達が十分に行えないため、ADHD症状があらわれているといわれています。

 

 

 

 

現在、大人のADHDの治療薬として承認されている薬剤は、アトモキセチンとメチルフェ二デートの2剤です。

 

 

 

 

これらの薬剤は、ノルアドレナリンやドパミンの不足を改善し、これにより情報伝達がスムーズにおこなわれるようになり、ADHDの症状を改善すると考えられています。

 

 

 

 

ADHDの治療では、生活における困難を改善し悪循環を断ち切り、状況を好転させることを目指しています。

 

 

 

 

そのため、生活の中でどのような困難に直面し、それが治療によってどのように変化するのかを、1日を通じて正確に把握することがとても大切です。

 

 

 

 

ですから、継続的に日常生活の状況を記録し、受診時にその記録を持参しましょう。

 

 

 

 

ADHDの診断を受けることによって、問題が解決するわけではありません。しかし診断は、現在の困難の原因を見極め、自分の特性や状態に応じて適切な対策を検討していく第一歩となります。

 

 

 

 

正しく向き合うための、いわば道しるべといえるでしょう。ADHDも含めた発達障害では、「その人が持っている特性により、生活に支障をきたしているか」が問題です。

 

 

 

 

言い換えれば、ADHDの特性はそのままでも暮らし方を見直し、生活するうえでの支障がなくなれば、それはもう障害ととらえる必要はなくなるのです。

 

 

 

 

実際、ADHDの特性を持ちながら、社会で活躍している方は少なくありません。自分を知り、得意なことはどんどん活かしましょう。

 

 

 

 

得意なことを活かすことによって、苦手なことは、克服するのではなく、楽になる工夫を見つけましょう。

 

 

 

 

ADHDを「治す」のではなく、「もともと持っている特性を活かして豊かに生きる」のです。

 

 

 

 

そしてその補助として、医療を利用するのです。そんなイメージで、自分の特性と付き合っていく方法を見つけていくことが大切なのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

ADHDの衝動性について

 

 

 

 

 

衝動性はADHDの症状のなかで生涯にわたって持続するもので、しばしば非常に深刻かつ危険な影響を本人や周囲に与えます。

 

 

衝動性は、一般の人にはなかなかわかりにくく、把握しにくい症状なので、子供を例に挙げて説明します。

 

 

ADHDのこどもは、物事の善悪や後先のことをまったく考えずに、思いついたらパッと行動に移したり、すぐに口に出していってしまったりします。

 

 

 

たとえば、行動面で言えば、休み時間にクラスの友達が順番やルールに従って遊んでいるのに、突然、何の断りもなしにパッと口や手を出して混乱させたり、散歩の途中、獰猛な犬に手を出してかまれたり、車の通っている道を危険を顧みずに横断したりします。

 

 

言葉の面では、母親と道路を歩いているときに、見知らぬ人を指差して「お母さん、変な人がいるから見て!」「あの人おかしな格好しているよ!」と相手に聞こえるような声で話したり、来客がいるときに、「ママー、僕テレビ観たいの。お客さんいつ帰るの?」と言ったり、教室でも、「君、背が低いね」「成績悪いね」などと相手が傷つくようなことを平気で言ったりします。

 

 

 

このためしょっちゅう親にしかられたり、学校でいじめられたり、仲間はずれになったりします。でも、本人はまったく悪気はなく、なぜ自分が間違っているのか、気づきもしません。PAK78_amenosibuya20141220150640500_TP_V1

 

 

 

彼らは「自分はぜんぜん悪くないのに、しかられたり、いじめられている」と思うのです。このような衝動性は大人になっても残ります。

 

 

 

彼らは会話の途中だろうが、仕事や会議の途中だろうが、そのときの思いつきや気分でパッと発言したり、行動したりします。TPO(時と場所、場合にあった方法)をわきまえた振る舞いができません。

 

 

 

このため、その場にそぐわないKY(空気が読めない)発言を連発して顰蹙を買ったり、相手を傷つけたりします。仕事でも突発的なミスを繰り返し、私生活でも衝動買いをしたり、大酒を飲んだり、ギャンブルで大損したり、たびたび交通事故を起こしたりします。

 

 

 

また、異性ともその場の雰囲気や勢いで関係を持ってしまうことが多いため、しばしば浮気や不倫をしたり、性病や妊娠のリスクも高くなります。

 

 

大人のADHDでは、このように思いつきの言動を繰り返すため、周囲の信頼を失いやすく、また友人や上司、同僚などとのトラブルが絶えません。

 

 

 

唐突で無遠慮な言動から家庭内でもパートナーや子どもとのトラブルが多く、離婚率が高いのが特徴です。家庭内暴力(DV)や児童虐待に走るケースもあります。

 

 

 

大人のADHDは自己評価や自尊心が低くなりがちですが、それは前述の不注意傾向だけでなく、思いつきの言動で失敗やトラブルを繰り返す、この衝動性も深く関係しています。

 

 

 

一般にADHDの衝動性は、脳内で分泌されるドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニンなどの神経伝達物質のうち、特にセロトニンが不足し、衝動や欲望をコントロールできなくなるのが原因とされています。うつ病になったり、アルコールや薬物などの依存症に陥るケースが多いのはそのためです。

 

 

メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-439-4355
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援