不登校のなり始めに親はどうすればいいか
ホーム > 不登校のなり始めに親はどうすればいいか

不登校のなり始めに親はどうすればいいか

1、そっとしておいた方がよいのか

 

 

 

 

「子どもが不登校になったなら、学校のことは触れずにそっとしておいた方がよい」という考えがあります。

 

 

 

 

しかし、この方針をすべての不登校の子どもに当てはめることは誤りであることがわかってきました。

 

 

 

 

不登校という問題の背後には、その子なりの友達関係や家庭環境などさまざまな要因があり、それらを無視して一律に同じ方針を取ることに無理があったのです。

 

 

 

 

つまり、対応方法はケースバイケースで柔軟に考えなければいけないのです。

 

 

 

 

次の場合には、そっとしておかずに何らかのはたらきかけを行ったほうがよいとわたしは考えています。

 

 

 

 

1、登校しぶりが今回はじめてであり、子ども自身も行こうか行くまいか、迷っている場合。

 

 

 

 

2、学校でいじめなど際立った原因が見当たらず、子ども本人もなぜ行けないのかがわからない場合。

 

 

 

 

3、家庭の中にこれといった不和やトラブルがなく、心のエネルギー補充はそれなりに行われていると判断した場合。

 

 

 

 

2、どのようにはたらきかけるか?

 

 

 

 

(1)「原因探し」にこだわり過ぎない

 

 

 

 

原因さえ取り除けば、わが子の不登校は解決すると思われるかもしれません。

 

 

 

 

しかし、不登校の原因は一つばかりではなく、いくつかの原因が複雑に絡み合っていることが多いものです。

 

 

 

 

そのため、「原因探し」にこだわってしまうと、子どもと共にどんどん不登校の深みにはまってしまいます。

 

 

 

 

原因探しはあるところまでとし、少しでも学校に近づく方法を試みましょう。

 

 

 

 

少しでもがんばって登校させたほうがよいのです。なんとかなだめて登校させたり、親が学校まで付き添ったり、放課後でもいいので学校に行って先生に会ってくるなどできるだけ休ませないようにします。

 

 

 

 

つまり、「学校を休む」という感覚に子どもが慣れてしまわないようにするのです。

 

 

 

 

子どもがなんとか登校できた場合でも、しばらくは子どもの様子を見守り、励まし、元気づけます。

 

 

 

 

(2)子どもの言葉によく耳を傾ける

 

 

 

 

とりあえずの対応方法は(1)なのですが、ゆっくりと時間をとって学校のことや日々の生活のことなどを話し合う時間を持ちたいものです。

 

 

 

 

その際には子どもが語ることに丁寧に耳を傾けることが大切です。

 

 

 

 

(3)親として立ち止まって考える

 

 

 

 

わが子は「プラスの学校体験を持っているか」「心のエネルギーが家庭でしっかり補給できているか」「学校生活をスムーズに送るための社会的能力は身についているか」を家族でよく話し合ってみたらいかがでしょうか。

 

 

 

 

(4)先生に相談する

 

 

 

 

担任の先生に事情をありのまま伝え、学校での様子や友達との関係など学校での様子を尋ねてみるとよいでしょう。できれば電話ではなく、学校に直接出向いて会って話したほうがよく理解し合えると思います。

 

 

 

 

不登校が長引いた場合

 

 

 

 

1、不登校が長期化すると

 

 

 

 

不登校状態が長期化すると、子どものほうは心が学校から遠のいてしまい怠惰な生活を送ったり、昼夜逆転の生活により生活リズムに乱れがみられたりする場合があります。

 

 

 

 

孤立感や焦りなど心の葛藤が家庭内暴力になったり、自室への引きこもりになったりする場合があります。

 

 

 

 

2、長期化したときの親の対応方法

 

 

 

 

親としてわが子の長引く不登校に対してどのようなはたらきかけをしたらよいか考えてみましょう。

 

 

 

 

(1)これまでのかかわりを見直す

 

 

 

 

これまでのはたらきかけがなぜ有効ではなかったか、なぜ不登校状態が持続しているのかを検討します。

 

 

 

 

〇 登校、勉強などにのみこだわったため、子どもの気持ちとの間に大きなズレが生じている。

 

 

 

 

〇 家庭不和などが続き、家庭での心のエネルギー補給が不充分である。

 

 

 

 

〇 なんとかなると思って放任しすぎた。

 

 

 

 

〇 学校との連絡が途絶えてしまった。

 

 

 

 

(2)わが子の不登校の意味を再考する

 

 

 

 

いったん登校に向けてのはたらきかけを中断して、わが子の不登校がどのような必要性から生じているのかをもう一度考えてみます。

 

 

 

 

〇 心の疲労のため、とにかく休みたい。心のエネルギーが枯れてしまったので補給したい。

 

 

 

 

〇 いじめなどから自分を守りたい。

 

 

 

 

〇 家と外の世界との間に大きな落差を感じてしまう。それを越える方法を持ち合わせていない。

 

 

 

 

(3)不登校をよい時間にしていく

 

 

 

 

不登校という時間を子どもの中に少しでも心のエネルギーがたまるための、また家族が助け合い団結するためのよい時間にしようと心がけるのです。

 

 

 

 

1、子どもの心にエネルギーが蓄まるように

 

 

 

 

安心できる家庭、くつろげる家庭、いっしょにいることが楽しく思える家庭になるよう心がけます。

 

 

 

 

また、子どもの言葉によく耳を傾け、子どもの心の葛藤や焦りをわかってあげます。

 

 

 

 

その子なりにがんばっていることを見い出してほめてあげることも心のエネルギーの大事な補給方法です。

 

 

 

 

2、学習への不安解消

 

 

 

 

子どもによっては学習の遅れに悩んでいる事があります。学習ボランティアや家庭教師のお兄さんお姉さんに来てもらうことで、学習面での不安が解消されることがあります。

 

 

 

 

同時に、外の世界から定期的にやってくる人がいることで、家庭の中にも「風通し」がよくなることもあります。

 

 

 

 

4、学校との連絡をなんとか保つ

 

 

 

 

細々とでも学校とつながり進路や行事の情報を送ってもらい、子どもにも伝えます。

 

 

 

 

不登校の子どもはどこかに「やり直し願望」を持っています。いざやり直そうとするときに、学校とのつながりが活きるのです。

 

 

 

 

5、専門機関に相談する

 

 

 

 

親として立ち止まって考えるために、相談機関の利用も有効でしょう。

 

 

 

 

メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-439-4355
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援