ひきこもり・ニート・不登校の子どもを抱える親の不安と心構え
ホーム > ひきこもり・ニート・不登校の子どもを抱える親の不安と心構え

ひきこもり・ニート・不登校の子どもを抱える親の不安と心構え

 

自分の子どもが不登校・ひきこもりになってしまったときの親のショックは計り知れないものがあります。

 

 

 

 

「まさかうちの子にかぎって」という思いは、どの親御さんもお持ちだと思いますし、それが普通のことでしょう。

 

 

 

 

ですから、いざ自分の子どもが不登校やひきこもりに陥ってしまったときに、みんなあせってしまうのです。

 

 

 

 

しかし、問題が起こってからあたふたしてみても、なんら問題解決の役には立ちません。

 

 

 

 

不登校・ひきこもりという子どもの状態を目の当たりにして、親はさまざまな不安に襲われます。

 

 

 

 

決して簡単なことではありませんが、それらの不安要素を冷静に分析し、じっくり考えてみることで、心の中に余裕が出てくるのは間違いありません。

 

 

 

 

そして、その余裕こそが、子どもを問題から救うための大きな原動力になるのです。

 

 

 

 

親が抱く不安にはさまざまなものがありますが、発想の転換によってそれらの不安を和らげることもできます。

 

 

 

 

そこで、代表的な親の不安と、それらの不安を和らげるための親の心構えを紹介してみようと思います。

 

 

 

 

〇 子どもが学校に行かないと、学力が落ち、進学ができないのではないか?

 

 

 

 

進学のために無理して学校に行って、成績を維持することが、そんなに意味があることでしょうか。

 

 

 

 

現在の日本の社会には、ひと昔前に存在していた「いい学校→いい会社→幸せな人生」といった人生のレールはすでに存在していません。

 

 

 

 

子どもが生きていく中で今度必要なことは、いい学校に入ることよりも、生きる力・生きる知恵・人とのかかわりを学ぶことです。

 

 

 

 

それらを養える場所は、学校以外にもたくさん存在しています。

 

 

 

 

〇 学校に行かないと、社会性や適応力が身につかないのではないか?

 

 

 

 

今の世の中は、これまでの画一的な社会から多様性を重視する社会に変わってきています。

 

 

 

 

そんな状況の中で、現在の学校のシステムに合わない子どもがでてきても不思議ではありません。

 

 

 

 

学校での生活に適応できなかったからといって、子どもの社会性や適応力に問題があるとは限りません。

 

 

 

 

学校以外でも、子どもが適応し、生きていける場所が今の日本の社会には必ず存在するはずです。

 

 

 

 

さらに飛躍して言えば、日本の社会に適応することだけを考え、日本で生きていくことに固執する必要もありません。

 

 

 

 

〇 学校くらい我慢できないと社会に出ても通用しないのでは?

 

 

 

 

必要な我慢もあれば、有害な我慢もあります。学校という組織の中で秩序やルールを守り、我慢を覚えることも大切ですが、たとえば、いじめにあって深く傷ついた子どもが身を削ってまで学校に通うことは、必要な我慢ではありません。

 

 

 

 

学校は命を削ってまで通う場所ではありません。

 

 

 

 

〇 何もしないでゴロゴロしていると無気力人間になるのでは?

 

 

 

 

学校に行かないという行為は、大人が考える以上にエネルギーを使います。「頭が痛い、お腹が痛い」という不調の表れは、つらいことから身を守るために出された身体防御反応で、「学校に行かない」という行動に出るためにはかなりの力を振り絞る必要があります。

 

 

 

 

気力がないから学校に行くことができず、家でゴロゴロしているわけではありません。

 

 

 

 

〇 学校に行かないのなら、せめて家の手伝いをするなり、家で勉強するなりしてほしい。学校に行かなくても規則正しい生活をしてほしい。

 

 

 

 

「学校に行かないのなら、その代わりに何かをしなさい」というのは無茶な要求です。不登校やひきこもりだった子どもたちは、異口同音に「あの当時の自分は自分にとって大切な時間だった」と言っています。

 

 

 

 

不登校やひきこもりの間の時間は、子どもが自分自身と向き合う貴重な時間になっていると理解し、親は子どもの立ち直りをじっくりと待つ心のゆとりを持つことが重要です。

 

 

 

 

〇 学校とはどのようにかかわっていけばいいのか?

 

 

 

 

まず、子どもにとって家庭が「安心して認めてもらえる場所」にするように親が決心します。

 

 

 

 

最終的に子どもの人生の責任を負うのは親であり、学校ではないということを前提に行動します。

 

 

 

 

子どもの問題で学校とやりとりするのは母親ばかりですが、父親にもできるだけ関わってもらうようにします。

 

 

 

 

担任との話し合いだけでなく、必要であれば、校長にも直接会って話をし、学校側に子どもの状況を理解してもらいます。

 

 

 

 

反対に、学校側は、本人の気持ちを把握したうえで、手紙やメールを送ったり、家庭訪問をします。

 

 

 

 

学校側は、指示をするのではなく、子どもにいちばん近い存在である母親からの情報提供をお願いしたほうがいいでしょう。

 

 

 

 

子どもの不登校・ひきこもりは深刻な問題ですが、そうなってしまったからといって、人生がすべて台無しになってしまうわけではありません。

 

 

 

 

そこから立ち直って、いくらでもやり直すことができるのです。

 

 

 

 

子どもは必ず立ち直るということを親は信じ、子どもに接するようにしてください。

 

 

 

 

ひきこもりから脱却させるための一番最初の目標は「どうやって外に出すか?」ではないでしょうか。

 

 

 

 

言い換えれば、「どうやって環境を変えるか?」といえます。自慢するわけではありませんが、わたしは親が途中で挫折してしまったケースを除けば、ひきこもりの子どものほとんどを外に出して、ひきこもろい自立支援センターにつれていって教育や指導をすることができています。

 

 

 

 

しかも、強制的に外に出して連れて行ったことはありません。すべて子どもたちと話をして、納得してもらったうえで連れて行っているのです。

 

 

 

 

それはなぜかと考えると、いくつか理由が考えられますが、いちばん大事なことは子どもときちんとコミュニケーションがとれていたからだと思います。

 

 

 

 

そう考えると、子どもときちんとコミュニケーションが取れていれば、外に出すことは可能だといえます。

 

 

 

 

外に出すことだけでなく、親子でコミュニケーションがとれるようになれば、問題解決へ大きく前進します。

 

 

 

 

では、そのためにはどうしたらいいのか?どういう心構えが必要なのかについてわたしの経験を元に書いていこうと思います。

 

 

 

 

わたしがひきこもりやニート・スネップ・不登校・フリーター・家庭内暴力等の相談を受けていて感じるのが、今の親たちは結果ばかり求めているということです。

 

 

 

 

ある意味では、ひきこもりやニート・不登校等の問題を安易に考えているということがいえます。

 

 

 

 

そういう親御さんがわたしたちに質問するのは「良くなるのにどれくらい時間がかかりますか?」だったり、「言われたことをしたら外に出ますか?」ということです。

 

 

 

 

わたしに言わせれば、その質問自体がナンセンスです。ひきこもりやニート・不登校等の問題を解決するのに特効薬はありません。

 

 

 

 

まずそれを知ってもらいたいと思います。風邪をひいたから風邪薬を飲んで治ったとか、パソコンが壊れたから部品を交換したら直ったというのとは違うのです。

 

 

 

 

ひとつのことをすることで、外に出るようになるとか、社会復帰するといった簡単な話ではないのです。

 

 

 

 

わたしたちは、今、その子にしてあげられることが何なのかを考え、手を替え品を替え、あきらめずにやった結果として社会復帰するようになっているのです。

 

 

 

 

だからまず、してあげること自体を大事に考えるようにしてください。結果よりも過程を重視することが大切です。

 

 

 

 

してあげれば結果は自然と出るので、その結果によってまたできることが何なのか考え、してあげることを繰り返すのです。

 

 

 

 

結果を重視してばかりいるとうまくいかなかったときに大きく挫折してしまいます。

 

 

 

 

ひきこもり自立支援センターに相談に来る親御さんも、やるだけのことはやったけれどどうにもなりませんと言って頭を抱えている人が多いのです。

 

 

 

 

うつ状態になって親自身のほうが病院に通っているということも珍しくありません。

 

 

 

 

しかし、そういう親御さんがやるだけのことを本当にやったのかというと、わたしから見たらそんなことはない場合が圧倒的に多いです。

 

 

 

 

結果を重視するばかりでなく、結果が出ないだろうと自分で決めてしまってトライしていないことがたくさんあるように見えます。

 

 

 

 

せっかくこんなことができると考えたにも関わらず、トライしていないのです。わたしからするともったいない話で、そういうことの積み重ねがひきこもりを救うことになるのにと残念でしかたのないこともあります。

 

 

 

 

そのなかには、わたしでも考えつかなかったようなすばらしい考えもありました。

 

 

 

 

だからこそ、結果よりも過程を重視するということを強く意識してほしいのです。

 

 

 

 

そのときにいいと思って考えたことを実行に移さないでやめてしまわないようにしてください。

 

 

 

子どもたちの教育をするにもわたしは結果は求めません。したということそのものをほめてあげるようにしています。

 

 

 

 

意見の内容よりも意見を言ったということをほめてあげます。その子その子の目線に立って、過程を大事に見ていると、しぜんと子どもたちのよいところがたくさん目に入ってくるようになります。

 

 

 

 

社会に出れば、当然結果を出すことが求められます。しかし、家でひきこもっている子どもに対して同じ見方をするのは酷なのではないかと思います。

 

 

 

 

まずはその子の目線に立ってみてあげることからはじめてもいいのではないでしょうか。

 

 

 

 

そういう過程を重視した中で子どもたちが成長していったら、少しずつ目線をあげてやって、社会で通用するような考え方を植えつけてあげても遅くはないと思います。

 

 

 

 

親が考えていることと、子どもが考えていることのギャップが大きいほど、コミュニケーションはとりにくくなるものです。

 

 

 

 

子どもが目線を上げることはできませんが、親が目線を下げることはできるはずです。

 

 

 

 

まずは目線の位置を見極めることから始めてみましょう。わたしが相談を受けていると、とにかく答えにまっすぐにたどりつきたいという親の意識を強く感じます。

 

 

 

 

これは結果を求めすぎることにも当てはまるのですが、答えにいたる過程のなかでいくつものステップを踏むことを忘れてしまっているように見えるのです。

 

 

 

 

もちろん当事者の親からしてみたら、なるべく早く社会復帰させたいという焦りがあるのはよくわかるのですが、それは結果から見ていい方法ではありません。

 

 

 

 

たとえば、高校を中退した子どもがいたとします。すると、高校卒業程度認定試験(さまざまな理由で、高等学校を卒業できなかった者等の学習成果を適切に評価し、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があるかどうかを認定するための試験。合格者は大学・短大・専門学校の受験資格が与えられる)を受けさせるか通信制の高校に通わせるかとすぐに考えるのです。

 

 

 

 

しかし、ここには抜け落ちていることがあります。冷静になって考えているときはすぐに思い浮かぶことです。

 

 

 

 

それは、なぜ高校を辞めてしまったのかということです。何も原因がなく、高校を辞めてしまったなどということはありません。

 

 

 

 

子どもは何か理由があって中退にいたったはずです。それをはっきりさせて、対策をとらないと、そのまま次に進んでもうまくいく可能性が低いことはよくわかると思います。

 

 

 

 

たとえば、行くのが面倒くさい、いじめにあっていた、朝起きることができないなど理由はたくさんあります。

 

 

 

 

面倒くさいという理由であれば、我慢ができないのではないか?いじめにあっていたということであれば、イエス・ノーがはっきり言えないのではないか?朝起きられないのであれば、夜遅くまでゲームでもしているのではないか?などとさまざまな疑問が出てくるはずです。

 

 

 

 

この疑問を解決しないで、次に進んでもいい結果が得られることはまずありません。

 

 

 

 

ひきこもりの子どもにも同じことが言えます。どうやって外に出すか、どうやって社会に所属させるかばかりを考えてしまうと、言うことは「外に出なさい、働きなさい」という直接的な言葉になってしまい、子どもにとっては「命令された」となるのです。

 

 

 

 

ここでも高校中退の例と同じく、なぜひきこもっているのか?ということをまず考えなければなりません。

 

 

 

 

こういう考え方をして、学校や仕事といった社会に出すために人間としてのベースで足りないものが何なのかをはっきりさせることが必要です。

 

 

 

 

相談を受けていると、なぜ高校を中退したのか?なぜひきこもっているのか?という質問をすると。わかりませんというのがいちばん多い答えだということが、1から10までの段階があるとしたら、1が抜けているという象徴です。

 

 

 

 

勉強で掛け算や割り算がわからないのに応用問題を解こうとすることといっしょです。

 

 

 

 

その場合、どこがわからないのかさかのぼって、そこからやり直していけば必ずできるようになります。

 

 

 

 

子どもの問題も同じことで、どこからできていないのかがわかって、そこからやり直すことができれば、必ず改善できます。

 

 

 

 

わたしがひきこもり自立支援センターで支援・指導している子どもの中には、時には5歳児に教えるようなことから教えなければならないこともよくあります。

 

 

 

 

わたしはそれができないと社会に所属できないことだと思ったら、どんなにさかのぼっても教える教育をしています。

 

 

 

 

それは結果を重視するばかりの考え方では回り道ということになるかもしれません。しかし、回り道をして何が悪いのかとわたしは問います。

 

 

 

 

回り道をしたからこそ学べることもたくさんあるのです。要は、子どもがあの時教えてもらっておいてよかったなと後々になってわかることを今、教えてあげなければならないのです。

 

 

 

 

何から手をつけていいのかわからなくなったとき、どうしていいのかわからないときはとにかく原点に立ちかえってください。

 

 

 

 

 

そして、原点からやり直す勇気を持ってください。けっして回り道を恐れないでください。

 

 

 

 

その考えが子どもを救うのですから。

 

 

 

 

 

 

メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-439-4355
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援