ひきこもり・ニート・スネップ・不登校・フリーターとうつ病につながる心の病気
ホーム > ひきこもり・ニート・スネップ・不登校・フリーターとうつ病につながる心の病気

ひきこもり・ニート・スネップ・不登校・フリーターとうつ病につながる心の病気

 

ある病気にかかっているうちに、ほかの病気におちいってしまうことを「合併」といいます。

 

 

 

 

うつ病は、ほかの心の病気に合併することも多く見られます。うつ病を招きやすい心の病気の代表的なものには、不安障害、摂食障害、心身症、PTSD(心的外傷後ストレス障害)、アルコール依存症などがあります。

 

 

 

 

これらの病気のなかには、うつ病と似た症状のものもあり、専門医による適切な診察を受けることが必要です。

 

 

 

 

○不安障害

 

 

 

 

不安障害は、大きな不安を抱えることで、自分の気分がコントロールできず、心身にまで影響が出てくる心の病気です。

 

 

 

 

憂鬱や億劫感など部分的にうつ病と似た症状が出ますが、うつ病に典型的な日内変動がなく、睡眠障害も必ずしもあるわけではないなど、まったく別の病気です。代表的な不安障害には、以下のようなものがあります。

 

 

 

 

「パニック障害」

 

 

 

 

混雑している場所や、街中をあるいているときに突然、何の前触れもなく不安に襲われ、動悸、息切れ、めまい、吐き気、手足のしびれなどの「パニック発作」が起こります。

 

 

 

 

うずくまって動けなくなったり、気絶したりすることもあります。安静にしていれば、10分から30分程度、たいていは1時間以内に発作はおさまります。

 

 

 

 

一度発症すると、パニック発作を繰り返し起こしてしまいます。そのため、発作が再び起こるのではないかという「予期不安」をもつようになります。

 

 

 

 

助けを得られない場所で発作を起こすのではないかと恐怖を覚え、家に引きこもったり、一人で出かけられなくなったりする「広場恐怖」を合併する場合もあります。

 

 

 

 

「強迫性障害」

 

 

 

 

恐怖を駆り立てる「強迫観念」と、強迫観念のためにそれをしないではいられない「強迫行為」を繰り返し、こだわりのために日常生活に支障をきたしてしまう心の病気です。

 

 

 

 

強迫観念の内容は、健常者にとって気にならなくても、当人にとっては大きな懸念になります。強迫性障害には、次のような症状があります。

 

 

 

 

・不潔強迫

 

 

 

 

手や体がまだ汚れていると気になり、長時間にわたって手洗いなどを繰り返します。一般には、「潔癖症」として知られています。室内や身の回りのものが不潔だから触れたくないと考えるため、掃除や片付けができず、散らかった不衛生な部屋に起居していることがあります。E146_tokyotonomachinami500_TP_V1

 

 

 

 

・確認強迫

 

 

 

 

鍵やガスの元栓を閉めたか、人が倒れていないか、落し物をしていないか、財布の中のお金が必要なだけ入っているかなど、一度気になると、執拗に確認を繰り返します。

 

 

 

 

・加害強迫

 

 

 

 

自分の不注意で、他人を傷つけてしまうという恐れにとりつかれ、人と接する行動に制約が加わります。

 

 

 

 

○摂食障害

 

 

 

 

若い女性に多い病気です。極端に食べない「拒食症」と、一度に大量に食べてしまう「過食症」があります。拒食症の場合、ガリガリにやせ、月経が止まったり、脳や内臓、生殖器に障害が残ったりする場合が見られます。

 

 

 

 

 

治りにくく、数パーセントですが、餓死することもあり、油断のできない病気です。

 

 

 

 

過食症では、食べ過ぎたことを後悔し、太りたくないからと無理に吐き出したり、下剤を乱用したりする場合があります。

 

 

 

 

摂食障害は、もっぱら強引なダイエットを引き金として始まります。極端なダイエットで、食べないことから拒食症になり、一方、ダイエットの反動で、とことん食べたいという欲求から過食症になります。

 

 

 

 

○心身症

 

 

 

 

精神的なストレスによって、胃潰瘍などの胃腸病や気管支喘息、狭心症、高血圧などの体の病気が生じたり、体の病気が治りにくい場合に、それぞれの病気を総称して心身症と呼びます。

 

 

 

 

PTSD(心的外傷後ストレス障害)

 

 

 

 

地震や交通事故、虐待など激しいストレスを受けた後、数週間から数十年を経て、苦痛な体験の記憶がだしぬけに現れ、感情が麻痺し、ちょっとした刺激でイライラするなどの症状が現れる病気です。

 

 

 

 

思い出したくない体験が頭にうかぶ「フラッシュバック」が繰り返し起こったり、苦痛を思い出させる場所を知らないうちに避けるようになったりします。

 

 

 

 

慢性化すれば、うつ病や集中力の低下、ひきこもりが起こる場合があります。

 

 

 

 

○アルコール依存症

 

 

 

 

飲酒を繰り返しているうちに、酒量が増え、飲酒がやめられなくなる病気です。酒のアルコールが脳のなかに一日中残るような飲み方を続けていると、依存症になります。

 

 

 

 

酒を飲みたい、という耐え難い欲求に支配され、以前より多い量を飲まないと酔うことができなくなります。

 

 

 

 

20年以上も大量飲酒を続けていると、酒量を減らしたり、断酒をしたりしたときに、体の震えや発汗、頻脈、不安、興奮、不眠、幻覚、けいれん発作などの「離脱症状」が現れます。体だけではなく精神にも異常をきたす危険な病気です。

 

 

 

 

ひきこもり・ニート・スネップ・不登校に関連する障害~うつ病につながる心の病気のまとめ

 

 

 

 

パニック障害

 

 

 

 

前触れなく心身の激しいゆらぎ(パニック発作)が起こる。激しい動悸が起こり、呼吸が止まりそうで死ぬのではないかとあわてる。

 

 

 

 

強迫性障害

 

 

 

 

何かをせずにはいられなかったり、何かの考えにとらわれる。気にしないようにするほど不安が高まる。不潔強迫、確認強迫、加害強迫などがある。

 

 

 

 

摂食障害

 

 

 

 

極端に食べずにガリガリにやせる拒食症と一度に大量に食べ、後悔から吐き戻したりする過食症がある。

 

 

 

 

心身症

 

 

 

 

精神的なストレスから体の症状として現れる病気の総称。気管支喘息、高血圧、心身症、胃腸病など、発症する病気は広範囲に及ぶ。

 

 

 

 

PTSD(心身外傷後ストレス障害)

 

 

 

 

苦痛な体験が、だしぬけに意思に反して記憶からよみがえる。ちょっとした刺激でイライラする。

 

 

 

 

アルコール依存症

 

 

 

 

飲酒の繰り返しにより、飲酒がやめられなくなる病気。

 

 

 

 

 

 

メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-439-4355
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援