ひきこもり・ニート・スネップと強迫性障害(強迫神経症)
ホーム > ひきこもり・ニート・スネップと強迫性障害(強迫神経症)

ひきこもり・ニート・スネップと強迫性障害(強迫神経症)

ひきこもりによく見られる病気の症状として、強迫神経症があります。無意味な行為や無意味な観念への強いこだわりを意味しています。

 

 

 

 

行き過ぎた几帳面さのイメージが比較的近いでしょう。ガスの元栓を締めたかどうか、わかっていても何度も確認したくなったり、本やノートの角をきちんとそろえておかないと気が済まなかったり、外出してくると、手を何度も洗わずにはいられなくなったりするという症状です。

 

 

 

 

また、ある特定のイメージや言葉を何度も思い浮かべずにはいられない、という症状もあります。こちらは強迫観念といわれるものです。

 

 

 

 

立派な人の前にくると、その人の下品な姿を想像せずにはいられなくなる、といった経験は多くの人に見られますが、その極端な形と考えてよいでしょう。

 

 

 

 

ひきこもり状態には、こうした強迫傾向が伴うことがしばしばあります。今述べたうちでは、強迫行為のほうが多いような印象があります。

 

 

 

 

ある精神科医の調査でも「強迫神経症症状」は、ひきこもりの53%に伴っていました。個人的印象では、この強迫症状は、ひきこもりが長期化事例ほど多くみられるようです。

 

 

 

 

また、強迫行為のみが原因でひきこもっている事例は少なく、むしろひきこもり状態から二次的に生じた可能性が高いように思われます。

 

 

 

 

たとえば長期間ひきこもりつつ強迫行為をやめられなかった人が、外出できるようになったり、入院したりすると間もなく強迫症状が消えてしまうことがよくあります。

 

 

 

 

この点からも、ひきこもりの強迫症状は、強迫神経症のそれとは、少し異なっているように思われます。

 

 

 

 

激しい強迫行為は、しばしば暴力を伴います。とりわけ成田善弘氏が「巻き込み型」と呼ぶタイプのものでは、強迫行為を親に代行させようとするため、本人も家族もくたくたになります。PED_yokuharetaaozoratoookinaki_TP_V

 

 

 

 

わたしたちの経験でも、自分があるものに触っていないかどうか、何度も母親に確認したり、確認の質問を正確に言えなかったりすると、何度でも最初から言い直したりする事例がありました。

 

 

 

 

また清潔さにこだわって、手を何度も洗わずにはいられないために、手の皮がいつも剝けたような状態になっていたり、ドアノブやテレビなどのリモコンに直接触ることができず、ティッシュでつまんでいたりする事例もありました。

 

 

 

 

口の中に唾液がたまることに我慢できず、それを室内で吐き散らしてしまう事例、あるいはまた、室内に尿をせずにはいられないといった、かなり強い程度の強迫症状もありました。

 

 

 

 

とりわけ、強迫的な確認行為は、しばしば母親が代行させられることが多く、母親が少しでもそれを拒否すると、激しい暴力に及ぶ、といった事例も珍しくありません。

 

 

 

 

これほど極端な症状ではなくても、食事や入浴の時間にきわめて厳格で、数分でも遅れると激しい暴力がはじまったり、自分の通り道をいつもきれいに整頓しておくことを要求するなど、比較的軽いものは頻繁に見られます。

 

 

 

 

多くのひきこもりが自分の不潔さに無頓着のように見えるのは、それは清潔さへのこだわりが行き過ぎてしまった結果であることが多いです。たとえば入浴する際も、あまりに念入りに洗おうとするため、入浴だけでも何時間もかかってしまう、といった事例がよく見られます。

 

 

 

 

このような症状を持つ人たちは、入浴するだけでくたくたになってしまうため、逆にめったに入浴しなくなります。

 

 

 

 

また多くのひきこもりの事例では、他の家族の不潔さにこだわるのに、自分の部屋はモノやゴミでいっぱいの状態になっていることがよくあります。さきほどの入浴の例と同じように、部屋の片付けをはじめても、それをあまりにも完璧にこなそうとするため、何度はじめても頓挫してしまうからです。

 

 

 

 

このため、ひきこもり状態の事例では、行き過ぎたきれい好きのために本人は逆に不潔になったり、きわめて乱雑で不潔な部屋で生活しているといったような、皮肉な事態がしばしば見られます。

 

 

 

 

強迫症状について

 

 

 

 

強迫症状としては、無駄だと認識しているにもかかわらず、反復的に考えてしまう強迫観念と、やらずにはいられない不必要な反復行為をしてしまう強迫行為とがあります。

 

 

 

 

もっともよく見られる強迫観念は、汚れや病原菌の汚染に関係しています。当事者の人は、ドアの取っ手、電気のスイッチ、新聞、道路の汚れなどの汚染源を避けようとします。

 

 

 

 

洗浄はこれらに付随する強迫行為であり、当事者の人は、手洗い、シャワー、掃除に毎日何時間も費やすことになります。

 

 

 

 

次に目立つ強迫症状は、確認です。当事者の人は猜疑心にとらわれていて、通常は罪の意識がまじって、注意深く確認しなければ他人に害を及ぼすのではないかと心配して確認を繰り返します。

 

 

 

 

しかし、確認しても疑いは解消されるどころか、反復的な確認がさらに大きな疑いを招くことになり、さらに確認をしてしまうことにつながります。

 

 

 

 

そして、これらの当事者の人は充分にあるいは正しく確認したことを保証するために家族や友人たちに助けを求めます。

 

 

 

 

確認した人は、なんらかのかたちでその疑いを解消しますが、結局は古い疑いが新しいものに置き換わるだけなのです。

 

 

 

 

よくある例としては、ドアの鍵をかけ忘れたのではないかという不安のため、鍵の確認を繰り返す、火事を起こすのではないかという不安から、ストーブのスイッチの確認を繰り返し、家から外出できなくなる、運転中に誰かに怪我を負わせたのではないかと不安になって、障害物に少しでも乗り上げた場所に何度も引き返すことなどがあります。

 

 

 

 

これら汚染、確認などの強迫症状による精神障害は、強迫性障害と呼ばれています。

 

 

 

 

近年の研究では、人口比二・五パーセントと40人に1人が強迫性障害とされ、かなりの高率であることが確認されています。

 

 

 

 

引きこもりの人は、強迫性障害という診断がつけられることはあまりありません。

 

 

 

 

しかし、強迫症状は引きこもりの人の約半数に見られるといわれていて、多く見られる症状になります。

 

 

 

 

多くの引きこもりの人は、引きこもってから強迫症状が出現しています。

 

 

 

 

長期間引きこもっていることによって、彼らの関心が内的世界に集中していってしまうために、自分の周囲の狭い世界のみに限局されて、視野狭窄に陥ってしまうのです。

 

 

 

 

強迫性障害の当事者の人は、しばしば周囲に対して攻撃的言動をすることが確認されています。

 

 

 

 

引きこもりの人の場合にも、同じように認められます。たとえば、汚染されていることの恐怖と攻撃性が結びつくと、家族の触ったものには触れなくなり、自分のものにはいっさい家族が手を触れないようにさせて、少しでも触ろうとすれば暴力へとつながってしまいます。

 

 

 

 

強迫性障害の当事者の人は、汚染の恐怖があるにもかかわらず、お風呂に入ることができなくなることや、自分の部屋が散らかっている事がよくあります。

 

 

 

 

これは、それを行おうとすれば何度も何度も体を洗わなくてはならないし、部屋を隅から隅まで何度も何度も汚れを確認しなくてはならず、肉体的にも精神的にもとてつもなく消耗してしまいます。

 

 

 

 

それがわかっているからこそ、そのような不潔な状態になってしまうのです。

 

 

 

 

引きこもりの人の強迫症状の場合は部屋が汚れていることが多いのですが、お風呂に入らなくなることはあまりありません。

 

 

 

 

この点で、引きこもりの人の強迫症状は比較的軽いと考えられます。また、引きこもりの人の強迫症状は、引きこもりを脱出した時点で認められなくなることも多く見られます。

 

 

 

 

つまり、引きこもりの状態を脱すれば、自然に治まっていくケースが多いのも特徴です。

 

 

 

 

汚染と同時に引きこもりの人の確認が彼らの攻撃性と結びつくと、家族に確認させるために、家族を振り回し続けることにつながってしまいます。

 

 

 

 

部屋の家具の位置を寸分の違いもなく並べるように強要したり、食事、お風呂の時間を一分の狂いもなく行うようにしむけたりします。

 

 

 

 

そして、家族がそれを拒否しようとすると、容易に暴力へと転化します。

 

 

 

 

汚染にしても確認にしても、引きこもりの人は引きこもってからの現象であることが多く、引きこもりから脱出したときには認められなくなることがほとんどです。

 

 

 

 

しかし、それが攻撃性といったん結びついたときには、家族を振り回し、あげくのはてには家庭内暴力へと発展するやっかいなものになってしまうのです。

 

 

 

 

 

 

メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-439-4355
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援