ひきこもり・ニートと他人という鏡
ホーム > ひきこもり・ニートと他人という鏡

ひきこもり・ニートと他人という鏡

 

社会との一定の関係が成立してはじめて、親の愛情が意味を持つということがありますが、これはどういうことでしょうか。

 

 

 

 

「すべての愛は自己愛である」と、わたしは思っています。これは事実であるかどうかという話よりは、愛というものを分析するには、さしあたりこのように定義するしかない、という約束事のようなものです。

 

 

 

 

しかし、かりにそうであると仮定して、なぜすべての人が自己愛的に、自己中心的にふるまわないのでしょうか。

 

 

 

 

わたしはそれこそが「社会」の機能であると考えます。つまり、自己愛というのは、それを維持するためには必ず、「他人という鏡」を必要とします。

 

 

 

 

他人を愛し、あるいは他人から愛されることによって自己愛を維持することがもっとも望ましいのです。

 

 

 

 

しかし、ひきこもり状態にある青年には、このような鏡は存在しません。

 

 

 

 

あるのは自分の顔しか映し出すことのない、空っぽの鏡だけなのです。

 

 

 

 

このような鏡は、もはや客観的な像を結んでくれません。そこには唐突に「力と可能性に満ち溢れた自分」という万能のイメージが浮かびあがるかと思えば、それは突然かき消えて、今度は「何の価値もない生きていてもしかたがない人間」という惨めなイメージに打ちのめされます。

 

 

 

 

このようにひきこもりやニートの鏡は、きわめて不安定でいびつな像しか結んでくれません。

 

 

 

 

ようするに自己愛が健全に(ここでは「安定的に」というほどの意味ですが)保たれるためには、家族以外の「他人」の力によって「鏡」を安定させることが必要なのです。

 

 

 

 

人間は、自己愛なしでは生きていくことすらできません。自己愛がきちんと機能するには、それが適切に循環できる回路が必要なのです。

 

 

 

 

幼児期までは、それは自分と家族との間を循環するだけで十分でした。

 

 

 

 

しかし思春期以降は事情が違ってきます。事情を変えるもっとも大きな力が「性的欲求」のありようの変化です。

 

 

 

 

そう、思春期以降の自己愛は、異性愛を介在させなければ、うまく機能しません。

 

 

 

 

そして、異性愛ばかりは、家族がけっして与えられないものなのです。

 

 

 

 

ここで述べていることは、けっして理屈で考えたことではありません。

 

 

 

 

わたしは多くのひきこもりの青年たちが立ち直っていく際に、異性関係がひとつの大きな契機となることを、何度も目の当たりにしてきました。

 

 

 

 

逆に言えば、ひきこもり状態を乗り越えられない青年たちにとって、異性関係こそが最大のハードルであることも見てきました。

 

 

 

 

そして異性関係ばかりは、親や支援者によっても与えることができません。

 

 

 

 

そう、ここでも「愛」は偶発的な出来事としてしか意味をもたないのです。

 

 

 

 

そして、だからこそ、支援場面では、「愛」に依存すべきではありません。

 

 

 

 

むしろ「愛」を禁欲してでも、ひたすら「親切」を心がけるべきです。

 

 

 

 

「親切」は、共感なくして成立しませんが、まさにこの「共感」こそがひきこもりの求めるものなのです。

 

 

 

 

深く共感しつつ、いたわりの気持ちを持って、「親切」に接してあげることが大切です。

 

 

 

 

強い愛は、そのぶん攻撃性などの反動を呼びやすいです。「親切」には、こうした激しい両価性はありません。

 

 

 

 

知的理解と情緒的共感にたった「親切」な態度こそが、家族に求められる理想的態度です。

 

 

 

 

ひきこもりのリハビリ

 

 

 

 

関東自立就労支援センターの面接では、相談者の成育歴を調べ、問題点を明らかにして幼児期から表現できなかった「本当の自分」を復活させるようにしむけていきます。

 

 

 

 

それは親とのつながりを作ることに失敗した、ひきこもり当事者と新しいアタッチメントを作るプロセスです。

 

 

 

 

わたしたちと彼らとの間に信頼関係ができたら、リハビリのステップに進んでいきます。

 

 

 

 

社会復帰の最終段階とも言うべきリハビリについては、次のような方針で臨んでいます。

 

 

 

 

1、親と教師から学んだ習慣と価値観を一度壊す。

 

 

 

 

2、自己決定をする習慣を学ぶ。

 

 

 

 

3、自己主張ができるようにする。

 

 

 

 

4、異文化に触れる、親や学校以外の人間関係を広げる。

 

 

 

 

5、男女交際を学ぶ。

 

 

 

 

共依存の環境で育ったひきこもりは、気配りしたり、規則を守ったりすることが得意です。

 

 

 

 

逆に彼等が苦手なのは自分の考えと感情を表現すること、そして自分で判断して行動することです。

 

 

 

 

ひきこもりは自分よりも他人を優先する傾向があるので、リハビリではこうした古い習慣を捨てるように訓練します。

 

 

 

 

特に、親と学校の教師が体にしみつかせた「服従の精神」は徹底的に破壊する必要があります。

 

 

 

 

ここで例をあげてみましょう。

 

 

 

 

事例・28歳・男性

 

 

 

 

会社経営の父、夫に服従する母親、妹の四人家族。厳格な父親は、本人を「必ず〇〇大学へ入れ」という厳しい方針で育てた。

 

 

 

 

父親に逆らったことがないので、リハビリでは本人が「父親の規則をすべて破る」ことを実行した。

 

 

 

 

繁華街で遊ぶのは金のムダと言われていたので、あえて新宿や渋谷に一人で行き、高級レストランで食事をした。

 

 

 

 

父親への口ごたえを怖がるので、わたしを相手に何度も反論をする練習をして、恐れていた父親に反論できるようになった。

 

 

 

 

わたしといっしょに行った六本木のライブハウスでは見知らぬ女性に声をかけて、何度もフラれる訓練をした。

 

 

 

 

こうした体験を通して、本人は失敗を怖がらなくなり、少しずつ行動範囲を広げていった。

 

 

 

 

ひきこもりの社会復帰とは、「共依存の生活に戻る」のではなく「新しい自由な生活に入る」ことです。

 

 

 

 

自分の生活範囲を少しずつ広げていって、もっと自己主張して、古い固定観念を破壊していきます。

 

 

 

 

このリハビリでは、自己決定が重要なポイントです。

 

 

 

 

他人にどう思われるかではなく、自分の考えと判断で行動する習慣を養います。

 

 

 

 

また、外国人に会ってみたり、外国の生活を見ることもリハビリの一つです。

 

 

 

 

ひきこもりの人間観は、日本人だけを基礎にしています。日本人とは違うタイプの人間を知ることは、ひきこもりにとって新しい生活の可能性を見つけることでもあります。

 

 

 

 

これだけ世界が狭くなった現在、住む場所を日本に限定する必要はありません。

 

 

 

 

自分が愛せる人たちと生活できる場所を見つけることが大切です。

 

 

 

 

リハビリ方針として最後にあげた「男女交際を学ぶ」には、違和感を覚えた方もいるかもしれません。

 

 

 

 

ただ、関東自立就労支援センターでは、ひきこもりを「恋愛・子育て能力に欠ける人」と考えています。

 

 

 

 

ひきこもりの快復とは、働くだけではなく、異性と関わり、将来は子どもを健康に育てられるようにすることです。

 

 

 

 

実際、彼らにとっては男女交際が一番難しい問題です。

 

 

 

 

ひきこもりの男性は、母親に愛されなかった過去(母親は愛したつもりですが、本人はまったくそう思っていない場合が圧倒的に多い)があるために、「自分は女性には愛されない」と思い込んでいます。

 

 

 

 

そんな彼等が社会に戻ったら、自分から女性に近づき、女性とデートできるようにサポートする必要があります。

 

 

 

 

母親との絆がないひきこもりの男性が女性とコミュニケーションを持つのは、エベレストに登ることよりも難しいのです。

 

 

 

 

彼等が「働けない、友達もいない、恋人もいない、結婚もできない、もう死ぬしかない」と考えるのも無理はないことだと思います。

 

 

 

 

問題点の発見から治療、そしてリハビリにいたる道程は、なかなか厳しいものがあります。

 

 

 

 

ひきこもりは、子ども時代からのストレスの積み重ね、複合的トラウマが今の状態を作ったのです。

 

 

 

 

すべての人が社会復帰できるようになるわけではありませんが、根気よく取り組めば、社会復帰への道が少しずつ開けてくるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-439-4355
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援